新着Pick
1260Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
書かれていることはすべて高いレベルの医学的根拠に基づいています。かつ、一般の方に配慮して、非常にわかりやすくまとめられています。記事に目を通されることを強くお勧めします。

寝ないとその間、交感神経優位の状態が続き、アドレナリンと呼ばれる副腎髄質より分泌されるホルモン兼神経伝達物質が血中に放出され、心拍数や血圧を上げ続けます。このことが長期に続くわけですから、耐久寿命が決まっている心臓などの主要臓器を劣化し続けます。自動車の劣化の指標に走行距離が知られますが、人で言うと年齢比の走行距離が長くなるわけですから、当然に寿命は短くなると思います。こう考えると、睡眠は減らすべきではなく、起きている時間の生き方のクオリティーを上げることが長期的な生産性につながると理解できます。

「1.5時間周期説」は私は実感としてあります。私は1時間45分程度の周期をもっていそうなのですが、そうだとしても寝起きの良さに影響する程度で、体のダメージには関係ない話であることは、この記事からも臓器寿命の理屈からも理解できます。

著者の津川友介氏のプロフィールが本文中にありませんので追記します。医師で専門は医療政策学、医療経済学。UCLA医学部(内科)・公衆衛生大学院(医療政策学)ほかで勤務されていた経歴を有する方です。
ほとんどのビジネスパーソンには、7〜9時間の睡眠時間が必要。

僕も実感として同意見です。救急医時代は徹夜の当直明けでも動けていたつもりでした。が、公務員になって規則正しい生活を送っていると、夜更かしして仕事をすると翌日のパフォーマンスが劇的に落ちてることに気付きました…

昔も今も大変ですが、医療現場の環境改善は自分のためだけじゃなく患者さんのためにも重要です。
健康的に生きることを最優先にした場合、睡眠時間を確保するのは必須ですね。
20.30代のうちに圧倒的な成果を出してきた人で、睡眠時間を満足にとっていそうな人を私は知らないです。

睡眠時間の調査を健康領域から切り離すと面白い研究結果がだせそうだなと思っています。
新卒で入った会社で、ちゃんと寝られることが少なく、強制的に自分の身体と脳でストレステストを行った結果、4.5時間が自分が生産性を一定以上に保つ下限の睡眠時間だということを知ったのは、睡眠時間の確保という意味では大きかったと思う。ただ、その下限は生活リズムや年齢・体力で可変のようで、最近は6時間くらいは寝ないとつらい。

睡眠の質も大事なので、デジタルガジェットの次に寝具にはお金を使っているかも。この1年でも、ベッド・枕など色々買い替えた。今思い出したが、新卒の時にアメリカ人のマネジャが国内出張に大きなスーツケースを持って来ており、何が入っているか聞いたら枕だった。睡眠の量と質を確保するのは1人のプロフェッショナルとして当然の責任と言われた。気を付けよう。
新卒の頃、どこまで睡眠時間を削っても大丈夫かを試して4時間で活動していました。
特にパフォーマンスには影響ないと思っていたのですが、肌荒れなど身体側に影響が出て、そこから睡眠の勉強を始めました。
いまは6-7時間、睡眠時間を確保するようにしていますし、Oura Ringを活用して常にパフォーマンスは意識しています。

「1時間寝ずに動けば周りより成果が出せる」がまかり通る年齢もあるのは事実ですが、その働き方は結局のところ長くは続かない(もちろん、必要な時期もあるので否定はしません)。
睡眠時間を確保して、残り時間で出来るだけパフォーマンス高く活動するという考えの方が、長期的な目線でよいのかもしれません。
5時起きでも10時に寝られれば7時間だったんだけどなあ。
12時前に寝て、5時半起きだと6時間弱点。短いな。
在宅勤務なら昼間に少し昼寝もできなくもないが。

まあ、日本の生産性の低さの一因かもしれないね。
マシューウォーカー著「睡眠こそ最強の解決策である」が個人的におすすめです!
睡眠は、個人個人で千差万別です。故に、自分の睡眠を計測し、分析しなければ、一般論では対策ができません。

私はOura、Apple Watch、fitbit Inspire2を併用して、睡眠分析の実証試験を自ら継続しています。

科学的な参照データがないので、どれが正しいかは判断できませんが、今のところ、一番、体感と一致しているのは「Oura」です。

他の腕時計型のデバイスとは違い、指輪型なので、電極の密着度が安定しているからかもしれません。

いずれにしても、睡眠を一般論で語ることは、あまり意味がなく、自分の睡眠で語ることが大事だと強く感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
私たちが健康を維持して、仕事でパフォーマンスを発揮するためには7時間以上の睡眠時間が必要。
頑張って睡眠確保するようにしたいと思います。
目覚まし時計なしでスッキリ起きられる睡眠を目指したい
#キャリアコンサルタント