新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナの影響で色々なところでフラストレーションが溜まっていそうです。

1997年以来とありますが、その以前は落書きから麻薬の売買、凶悪犯罪など当たり前のようにあったようです。そこでジュリアーニ市長の時に「壊れた窓理論」、つまり些細な悪さを見逃すと、それが次の犯罪を許し、結果凶悪犯罪を発生させるとして、細やかな悪さを徹底的に取り締まりました。その事によって、地下鉄は家族でも安心して乗れる環境になりました。

その安心が少し崩れかけている今、もう一度「壊れた窓理論」を考える必要があるかもしれません。
NYの地下鉄の治安は確かに悪化しています。こうした際には決まって「精神疾患の患者」が地下鉄内に増加していることが一因として取り沙汰されますが、実際には精神疾患を抱える患者さんが暴力犯罪・凶悪犯罪を起こす確率は一般人口と全く変わりがありません。

「精神疾患の患者=暴力的」という偏見、および社会の精神疾患患者に対する非罰化の風潮から、暴力事件の通報を受けて出動した警察官が犯人を逮捕せず、精神科救急外来に搬送して済ませてしまうことが日常化しています。

こうして病院に搬送されてくる人物のほとんどがただの反社会的な人物であり、重度の精神疾患であることは稀です。病院としては、こうした反社会的で危険な人物であっても、重度の精神疾患でない限り入院させずに速やかに帰宅させるしかありません。

このような背景から、犯罪を犯して逮捕されそうになった反社会的な人物が故意に精神疾患を装って逮捕を免れ、病院に搬送されてくることもしばしばです。
物騒ですね。去年久しぶりに行った時に、まちの雰囲気にコロナの影響をどことなく感じました。NYだけではないので、気をつけたいですね。

「地元メディアによると、市の地下鉄で昨年起きた殺人、レイプなどの凶悪事件は461件で1997年に統計を取り始めて最悪となった。ホームからの突き落としは30件で一昨年より4件増えた。」
米国は中国の人権状況を強く批判します。一方の中国も対抗して、米国式人権と呼んで批判しています。特にアジア人に対するヘイトなどこの記事にある話です。正しい方向性は、所得格差の是正や社会のセーフティーネット整備なども含む包摂的資本主義で、それは一言で言うとSDGsだと思います。
このような犯罪は、心理学上の「社会的証明の理論」によると、連続して起こるようです。

日本でも、「死にたい」という動機の犯罪が立て続けに起こっています。
これが一番怖いことです。コロナ対策も大切ですが、コロナ対策によって間接的に失われる命もある。去年、一昨年の自殺者数の増加はご存じのとおり。去年は少し減ったみたいですが、2020年が急増した影響で、コロナ前よりは多い水準です。
自殺以外にも理解不能な凶悪犯罪がいくつかありましたね。ニュースにならないところで、もっと多くの命が失われたり、傷ついたりしていると思います。

コロナは治療薬で治せますが、病んだ心、傷ついた心は簡単には治りません。

まあ、コロナ対策の〜と書きましたが、それだけではないです。経済や社会の構造的な問題もたくさんある。
割れ窓理論が間違いであることは以前から指摘されているね。NYの治安が回復したのは好景気が理由というのが今の考えかと。つまり、NYの景気が悪化してると考えるのが一般的かもね