新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人を下に見て自尊心を高めようとしない。

部下の自尊心を傷つけて、つまり相手を下に見て、自分の方が上であることを誇示しても、自分の価値は高くなりません。

むしろ自分の価値が下がり、望んでいる自分からどんどん離れていきます。ついそんな言動になってしまうのは自信がない証拠。

人を尊ぶことができてこそ自分を尊ぶことができる。自分を大切にできれば人を大切にできる。

自分はまだまだ未熟で成長できることを認識しましょう。
どんな関係でも 相手を尊重することが大切。
信頼は築くのに時間がかかるが、失うのはあっという間。
もっとも最低な上司というのは、部下をミュートしてしまう奴です。存在そのものを否定し透明化し、本人の心が壊れていくのを待つ。人間の尊厳をこれほどまでに侮辱し貶める行為はないのだが、直接的な暴言などのパワハラより証拠に残りにくいので、陰湿で狡猾な人間ほどこういう手法を使います。
「人格否定をしない」というのは子育てにも共通しますね。
自分が理解できない(見えていない)から相手を認められないのかもしれない、という謙虚さを持つ必要があります。
上司部下の関係においても、親子の関係においても、無意識に自分の物差しを相手に振りかざさないように意識し、相手の言葉に耳を傾けることが大切なのだと思います。
偉そうにしている人、人も見下すひと、傲慢な人にろくな人はいません。

自分の意図が伝わらないことにイライラしてストレスを発散する人も多い。確かに、なぜ分かってくれないのかと腹も立ちます。自分が情熱を持っている場合ならなおさらです。

しかし、間違いなく言えることは、自分が悪いのです。伝え方が悪い、相手が心を閉ざしてしまっている(その責任も自分)などが原因でしょう。

そこに気付かないから部下が離れていく。人の心にビビッドでいることがとても大切です。これは結構ネイティブな性格によるところが大きいとは思えますが、気付けば努力によって変わることはできそうです。

失敗や反省をきっかけにできるかどうかで、人生は変わります。
仕事と人格は別問題と明確に区別する、これは本当にそうだと思いました。ただ、仕事の評価が低いとそれだけで傷ついてしまう人も少なくない気もします。仕事ができなくても自分の人生が全否定されてるわけではないとうけとめる必要があるとおもいました
相手に気持ちが向いてない上司は一発で見抜かれます
#キャリアコンサルタント
株式会社ブリヂストン(英語: Bridgestone Corporation)は、東京都中央区に本社を置く世界最大手のタイヤメーカーおよびそのブランド。 ウィキペディア
時価総額
3.49 兆円

業績