新着Pick
93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
EVシフトや自動運転などを抜きにしても、新興メーカーが100万台規模の販売台数を達成し、かつ収益性において自動車業界で最高となりつつあることは凄い快挙
Teslaのサイトにある資料を参照した方が、よくわかります。

オススメは、Shareholder Deckの最後についている写真集です。
ベルリンとテキサスのギガファクトリー内部の写真がありますが、従来の自動車製造ラインとは、かなり異なるロボットだらけの製造ラインであることがわかります。

プレスリリース(販売台数)
https://ir.tesla.com/press-release/tesla-q4-2021-vehicle-production-deliveries

Shareholder Deck(以下からダウンロード可能)
https://ir.tesla.com/#tab-quarterly-disclosure

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この供給状況の中で、50%成長は素晴らしい。ただ一般的になればなるほど、特別感や欲しい気持ちが減っていくのが悲しいところ。
テスラの度肝を抜く、本当にアッパレな決算です!
特にQ4の伸びがとんでもないですね。年間販売90万台のうち30万台がQ4に集中。

FY2020まではカーボンクレジットの販売がなければ利益が吹き飛んでいたけど、FY2021はそれがなくとも高収益。営業利益率12.1%はトヨタを遥かに上回るし、カーボンクレジットを除いても変わらず。

もはや誰にも文句の付けようがない業績。見事です。
喉元に突き刺さった新疆ウィグル問題もどこ吹く風に見えてきます。
50%以上も増やすとは!
どんな問題が発生しても、あらゆる手段で短時間で解決してしまいそうな期待感が、テスラには持てます。
テスラが2021年第4・四半期決算を発表しています。
第4四半期決算は、売上高が過去最高を更新、供給制約という逆風がありましたが出荷台数も過去最高を更新しているそうです。

IRページは下記
https://ir.tesla.com/#tab-quarterly-disclosure