新着Pick

何があっても“教育”は止めない〜オミクロン禍の学校現場から - 畑恵

BLOGOS - 最新記事
[画像をブログで見る]早咲きの梅がほころび始めると、受験シーズン到来。学校関係者であれば、風邪やインフルエンザの流行にも神経を尖らせる、そんな時期に今年はオミクロン株の急速な感染拡大が重なっている。子どもたちの前ではおくびにもそんな表情は見せないが、今、学校現場を守る者たちは皆一様に戦々恐々としている。新型コロナウィルスとの闘いにおいて主たる武器と言える「ワクチン(ブースター接種)」「特効薬...
2Picks
Pick に失敗しました

関連記事一覧
中学受験で親が言ってはいけない3つの言葉、「あなたのため」「いい教育を与えたい」もう一つは?
AERA dot. (アエラドット)
80Picks

いま学校で起きている一大事、「教育の内容が変われば教室のカタチも変わる」
Diamond Online
56Picks

中学受験、親を悩ます入学金問題「行かない学校に30万円」 子の合格に複雑な思いも
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
14Picks

オミクロン株は「軽い」と言われるが 致死率はインフルよりかなり高い
J-CAST トレンド
6Picks

去年職員が感染し一部閉鎖に保育園「二度と繰り返さない」オミクロン株から子供達を守る保育の現場のイマ
東海テレビ
4Picks

コロナ禍は「教育にマイナスだった」72.9%、学習機会は世帯年収で差も
リセマム
2Picks

新潟県立直江津中等教育学校(新潟県上越市)、県立国際情報高等学校(新潟県南魚沼市)の生徒2人が新型コロナウイルスに感染
にいがた経済新聞
2Picks

教育現場「対策続けるしかない」 県内小学校 相次ぐ集団感染に警戒と困惑
新潟日報
2Picks

中学受験、教育環境はどう変化しているのか。親の成功体験は通用しない!?
LIMO
2Picks

相次ぐ学校クラスター10代感染者“急増” 県立学校の部活動原則禁止へ 感染状況⇒据え置き【岡山】
岡山放送
2Picks