新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かに日本は世界有数の豪雪地帯と言えるでしょう。たとえばシベリアや北米などのほうが寒く、雪が多いイメージがあるかもしれませんが、それはただ雪が融けないだけで降雪量が多いというわけではありません。ですから、新鮮な雪を求めて世界中からスノースポーツをやる人たちが集まるわけです。
関東の雪については確かに予報の不確実性が大きく、毎度のように気象界隈では数値予報モデルに振り回されていますが、それは「本来雪が降らないような場所なのに、割と奇跡的な現象が発生して雪が降っているから」ということができます。その奇跡的な現象まで予測するにはまだ現代の数値予報モデルが追いついていない、ということになります。
何が割と奇跡的かというと、広い平野の北東から冷たい気流が入りやすく、かつ西側に山脈があるような地形では地上付近に寒気が溜まり、これが本来降るはずのない雪を降らせることによります。世界的には米国東海岸でも同様の現象が発生することがありますが、低気圧が強く発達する必要があるため日本の関東地方ほど繊細ではありません。大雪となりそうな時にはあらかじめわかります。日本では十勝平野も同様の構造がありますが、十勝の場合には高緯度のため冷えていることも多く、もともと雪として降ることが明らかな状況であることも多いためあまり問題とはなりません。

記事中にあるように、昔は「低気圧のコースが大事だ」というように言われていましたが、気象研究所で改めて調べたところコースよりも低気圧が発達しているかどうかのほうがよほど重要なファクターであることがわかっています。低気圧が発達していれば降水が広い範囲に広がって地上付近の寒気をより大きく形成するほか、低気圧が発達していると低気圧北側からの寒気をより引き込みやすくなるということも言えるからです。また、低気圧本体ではなく関東沿岸に新たな前線や低気圧が発生して雪が降る場合もあり、これが関東の雪の予報をより困難にしています。

現時点では関東地方で雪が降るか、降らないかという二元論だけで物事を考えるのはあまりにも極端と言わざるを得ません。本州の南岸を低気圧が通過するような状況や、あるいは週間予報で曇りや雨のマークになっていたら、一つ間違えば雪の可能性は当然あるよね、仮にそうならどうしようか、という視点で気象情報をチェックしていただければと思います。
私の書いた記事が公開されました。昨晩も関東地方には雪が積もるかもという予報が出ましたが、なかなか当たりにくいものです。これはなぜなのかということを、解説しています。
日本の雪に関することが詳しく書かれていてとても分かりやすくと思います。太平洋側の雪は気温の誤差が1℃でもあれば雨になったり大雪になったりします。
株式会社オリエンタルランド(英語: Oriental Land Co., Ltd.、略称:OLC)は、千葉県浦安市に本社を置く持株会社。アメリカ合衆国のウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約により、東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)を中心とする東京ディズニーリゾート(TDR)を運営する各企業を統括している。TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7.07 兆円

業績