新着Pick
191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国は、自国軍でロシアと軍事衝突をする意向はないことは明確にしているので、ロシアが侵攻を開始しても、できることは経済制裁のみになります。ウクライナに兵器は供給しますが。
 よほど打撃の多い経済制裁にしなければロシアがつけ上がるので、キャビアの輸出を制限するくらいでは効き目がありません。
 やはりロシアの歳入の柱である、石油と天然ガスの輸出をできなくする、というのが効果があります。ロシアはヨーロッパで消費されている石油と天然ガスの3分の1を供給しています。これについては、米国がやろうとしても、主な輸入国であるドイツがごねているので、調整中です。
 あとは、ロシアをSWIFTから切り離して、外貨両替や、貿易のドル決済ができなくするのが効果があると考えられています。これについても米国は諸外国と調整中です。
 米国としては、半導体のロシアへの輸出禁止なども予定しています。ただ、中国は米国の制裁に共同歩調をとらない可能性が高く、それだとロシアが完全に干上がるほどの効果はなさそうです。
バイデン政権が経済制裁強化を明言することでロシアの軍事行動を阻止することができるかどうか。これはひとつのテストケースになる。バイデン大統領の努力が成功すれば、「経済上のダメージを恐れるあまり温めてきた野望を放棄する合理的発想の人がプーチン大統領だ」という仮説が正しいことになる。
「ロシアがウクライナ周辺に増強した部隊で侵攻すれば、第2次大戦後では最大の軍事侵略になる」。バイデン氏の表現は決して大げさではありません。抑止が失敗した場合の台湾などへの連鎖を考えれば、明らかに国際秩序が激変するトリガーになりえます。ただ、侵攻後の制裁にしては効果が弱い措置にもみえます。
アメリカの経済制裁は対象国の政治的トップを制裁対象にするのは最後の手段としているが、それはアメリカ独特の考え方の表れで、必ずしも最終的な抑止になっているとは言えない。経済制裁の脅しで武力侵攻を抑止できるならいいのだが…。
この程度の制裁を事前に予想していないはずはありません。
プーチン大統領がやるかやらないかを決める決定打にならないと思います。
プーチン大統領がプレッシャーをかけて交渉したいのはこのことではありません。
ウクライナが西側に取り込まれない保証です。
"ロシアがウクライナ周辺に増強した部隊で侵攻すれば、第2次大戦後で最大の侵略になる"
制裁って、どこまで効果があるのでしょうか。米軍がロシア軍と正面衝突しない確証が有れば、全ては無意味ですね。
個人としては仲良くできるのに、国となると歪んでしまう…
「プーチン氏自身へ制裁検討も」と見出しに書いておいて、記事にその内容が書いていない。
プーチンのカタを持つわけではないけれど、ウクライナ危機はキューバ危機と似た構造です。

キューバ危機はNATOが黒海のトルコ領にミサイル基地を置いたことにフルシチョフが反発し、キューバにミサイル基地を作ろうとした。ミサイルを積んだソ連船はメキシコ湾で引き返したが、その代わりにケネディはトルコのミサイル基地を撤去し、キューバには侵攻しないと確約した。

今回もウクライナのNATOへの非加盟やロシア隣接国へのミサイル配備をやめるくらいの約束をしないと収まらないと思われます。ロシアの立場から考えてみることも大事でしょう。