新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
キエフ発の民間機の運航停止を見越した出国指示や退避勧告だと思います。
アメリカ国務省が「ロシアの国会議員らがウクライナ国内で偽情報を流す工作を行っている」と制裁を発表したのに続き、イギリス外務省が「ロシアがウクライナに親ロ政権の樹立を画策しているとの情報がある」と具体的な名前も挙げた異例の発表を行うなど、情報戦の様相がいっそう強まってきています。
英国とオーストラリア政府も、すでに自国民を退避させています。
日本政府は、これから検討するとのことです。

政府、ウクライナの邦人退避検討
https://nordot.app/858256532808400896
実際に危険度が高まっているのはもちろんなのですが、この情報が大きく出てくるのはロシアに対するアメリカ側の情報戦の一部でもあります。
万が一飛行機が止まったり、道路が封鎖されたりしてウクライナ内から出られないってことを懸念しての先読みの措置なんだろうなぁ、というところまでは理解できますが、出国「命令」を出すほどに自体が緊迫しているということを思い知らされます。
日本大使館はいざという時のために準備しているのでしょうか?
日本の外国人鎖国政策は世界中から非難されています。いざという時に、便乗させて貰えないのでは?
→少なくとも優先順位は下がるかも
EUは、アメリカによる事態の「脚色化(dramatisation)」に驚いている。そして、ウクライナ当局そのものが、アメリカの決定を「時期尚早」かつ「過剰」だと見なしている。
この帰着は間違いなく台湾海峡に影響する。
遠いヨーロッパの話ではない。