新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
発言は以下ような試算をもとに話されているものだと思いますので、デルタ株流行時期の新規感染者数7日間移動平均の4倍=10万人に到達する可能性との意見は妥当性があると思います。これを前提とした体制を整える必要があります。

信頼できる統計を有し、オミクロン株の流行がピークに達したと思われる米、英の状況(感染者数とは1日あたり新規7日間移動平均)。

米国
デルタ株   ピーク時、感染者数 2021年9月1日頃、約16万人
オミクロン株 ピーク時、感染者数 2022年1月14日頃、約93万人
       感染者数の底 2021年12月1日頃
ピーク時の感染者比較 オ/デ 約5.8倍
底からオ株でのピークまで 約45日

英国
デルタ株   ピーク時、感染者数 2021年7月16日頃、約5.1万人
オミクロン株 ピーク時、感染者数 2022年1月3日頃、約18.7万人
       感染者数の底 2021年11月14日頃?(一定数の感染者が継続しており不明瞭)
ピーク時の感染者比較 オ/デ 約3.7倍
底からオ株でのピークまで 約49日

資料:「COVID-19 Global tracker」(Reuters)
https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/?rpc=122

日本では?
デルタ株   ピーク時、感染者数 2021年8月25日頃、約2.5万人
オミクロン株 感染者数の底 2021年12月10日頃?(感染者が継続して少なく不明瞭)

資料から推測すると、日本のピークは1月28日頃10~13万人程度と読めますが、初期の非常に厳しい水際対策に成功したあと、当時(12月上旬から下旬)に非常に感染者が低水準だったことなどを背景に、年末年始・成人式などでの活動への警戒対策が取られなかったことの影響から、底から15日ほど「じわじわ」の後に急増していると読め、結果、ピークまでの期間は先の2国よりも数日~10日程度伸びるかもしれません。それでも他国同様の厳しい対策をし、ワクチンの3回目がされていない影響も大きくなければ、2月上旬にはピークを迎えると思います。
(上記意見は極めて簡単に入手できる範囲の情報から、個人が簡便な方法で行ったひとつのインテリジェンス以上のものではありません)
仮に濃厚接触者になった場合、現行では検査結果に「関わらず」、10日間の自宅待機と健康観察というルールとされています。

米国では、これがさらに5日に短縮されており、様々な現場レベルでの欠員が問題になった場合には、その益と害のバランスの変化から、更なるルール変更の議論が必要になると考えられます。

今後も変更されうるルールですので、自分が突然濃厚接触になった時を想定し、少しだけ情報のアンテナを張っておきましょう。
わかっていても何もできない政府。濃厚接触者が増えて社会活動が停止するのが1番のリスク。それを避けるのは緩い行動制限では無理。どのみちキツい制限は法的にできないし、やってもいいことがないのだから、活動停止の基準を変えないといけないのは明白。
長男の小学校は4クラスが学級閉鎖。次男の幼稚園は1人陽性者が出て休園中。仮に家族が陽性なら私は濃厚接触者認定で強制的に在宅勤務です。
今の基準のままでは社会が回りませんよ。
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2,546 億円

業績