新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大坂なおみさんがスポーツのメンタルヘルスについて果たした役割は非常に大きいです。あの時も大坂なおみさんを誹謗中傷するコメントはSNSで少なからず見られました。ここNPですらありました。人はさまざまな考え方をするしその考えを否定されるべきではありませんが、世の中の多くの人の考えやその潮流から外れ、なおかつ人を傷つける考えならば、それは自分の頭の中だけにとどめておくべきです。
大坂なおみさんの行動が正しかったのは、その後も多くのスポンサーが彼女を支持したことでわかります。彼女はスポーツ界で最高の所得額になったのですから。
またTBSのサンデーモーニングのスポーツコーナーでやっている「喝」も、よくないですというより最悪です。スポーツ選手の失敗を上から目線で叩くなど、考えてみたら今の世の中では非常識です。せめて「頑張れ」とか「残念」ならわかるのですが、番組プロデューサーは一度よく考えてみるべきです。
「アスリートのメンタルヘルス問題はいつから始まったのですか?」と聞かれることが多いです。

当然自分自身が選手時代の時だけでなく戦時中にアスリートでいらした先輩方にもメンタルヘルス問題はあったわけで、顕在化していたかどうかなだけだと考えます。

生身の人間が極限まで身体を鍛え、自分をあえて追い込めば、心に怪我もするし病気もするでしょう。

私の専門領域は競技引退時のメンタルヘルスです。
トップアスリートであればあるほど競技引退時のメンタルヘルスに特徴的な課題があります。

心のほんのかすり傷程度の時にでも、そのかすり傷から気づける行動変容はたくさんあります。

人には見えない自分の心の怪我を言語化し行動変容していく。
それこそ多くのトップアスリートがやり続けていることです。

メンタルヘルス問題はフィジカルヘルスと一緒で誰にでもありますが、それを認めるかどうかですよね。

私の場合、そもそも自分のフィジカルの問題(病気になっても)に対しても、私は病気じゃない、闘ってるだけだ。と自分の病気を認めたくない時がよくあるので自分自身アホだなと思います。
トップアスリートになればなるほど「ただ好きだから」という理由だけで競技を続けられないイメージです。
アスリートが度々口にする「今まで支えてくださったファンのため、指導者のため、家族のため」という言葉。ここからは自分のためだけで競技に取り組んでいるわけではないことがよくわかります。

プロなのだからできて当然というプレッシャーの中戦い続けるアスリートも1人の人間です。

メンタル状況と競技結果は切っても切り離せないはず。そこに対して周囲がどのような目を向けるかは今後のトップアスリートの活躍に大きく関わっていくと思います。
関連記事一覧
大谷翔平、今年のスポーツ界で最も魅力的だった人物の一人に! 米紙が世界中から9人を選出
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
7Picks

冬季初のノンバイナリー選手が出場へ。「クィア公表してもスポーツで成功できる」
ハフポスト日本版
5Picks

【今週の注目資料】「メンタルヘルスの取組み」に関する企業アンケート調査(日本生産性本部)
労働新聞社
4Picks

オリンピック選手の猛烈なプレッシャーと、自身のメンタルヘルスについて語ることの意味
WIRED.jp
3Picks

「いまの時代を生きている」からこそつくれるものを──CREATIVE HACK AWARD 2021オンラインワークショップ第1回レポート
WIRED.jp
2Picks

「日本サッカー界で最も有名」香川真司のSTVV入りに現地メディアも注目!「中盤の創造性を手に入れられる」
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

【速報】内村航平選手「日の丸が誇り」 体操界のレジェンドついに引退
FNNプライムオンライン
2Picks

テニス=ジョコビッチの豪OP欠場、テニス界では残念がる声も
Reuters
2Picks

大谷翔平は「今年のスポーツ界における最大のストーリーライン」もMLB本塁打王争い、米記者はゲレーロJr. と予想
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

スポーツの始まりは駅伝 宮崎県勢の活躍は
宮崎ニュースUMK
2Picks