新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事業者側では手数料有料化が始まりましたが、解約は店舗数で0.2%・取扱高で0.1%と軽微な影響でしたね。
普段の支払い方法でトップは現金(84.8%)。コロナパンデミック前の2019年7月の現金利用者は93.0%だから、8.2%が現金離れを起こしているということになります。

キャッシュレスが進んだと捉えることができるのですが、相変わらず日本は現金大国だということに変わりありません。中国では財布を持っていない人がどんどん増えている。現金を最近見たことがないという人も。

カードやモバイル決済ができるところ、例えばコンビニやドラッグストアでも、現金利用者が多いことに驚きます。現金よりキャッシュレス決済の方が便利でポイントなどが貯まりお得なのですが。日本人の現金崇拝の壁はなかなか崩れません。
PayPayで支払いができる店が多いので、必然的に大差でトップになったのでしょう。

店の人達に聞いてみると、
「手数料が必要になりましたが、お客さんが利用できて便利だと言うので止めるに止められません」
とのことでした。

囲い込み作戦が大成功したのですね。
私はLINE Payを主に使っています。LINE Visaカードと紐づけたQRChord決済方法で、3%還元は大きいです。

PayPayが使えるお店で、LINE Payが使えるようになったので、利用シーンが広がりました。(運営会社の土台は同じですし)
これで、PayPayのネットワーク外部性の効果がますます大きくなり、手数料有料化にしても当面独走するのでしょう。
回答者の年齢分布によると思いますが、相変わらず現金が強いですね。QRは、d払いが大きく伸ばしてきているように読めます。やはりここは携帯のシェアとある程度相関あるんでしょうか。PayPayは手数料有料化の影響はやはり軽微でしたね。
キャリア+PAYはauでもそこそこ上手く行ってるんだね