新着Pick

【ニュース5選】フォアグラも培養する時代、到来

NewsPicks編集部
294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インテグリカルチャーが、培養肉としてフォアグラを選び、開発を進めている点は非常に興味深いですね。

環境にやさしい代替肉は、アメリカでは大手ファストフード店でも導入されるなど既に市民権を得ています。
SDGsの機運もありますし、もし商業化したら世界的に非常に注目される可能性が期待できますね!
今週の5選です!
培養肉を安く大量生産できる技術を持つインテグリカルチャー。羽生代表はSF好きが高じて、自宅で培養肉をつくり始めたそうです。自宅で作ろうと思った理由は「自宅しか場所がなかった」とのこと。

記事内で言及した同人サークルShojinmeatはインテグリカルチャーとは別組織ですが、現在も活動を続けており、Shojinmeatが開発した完全DIYの培養液のレシピはクックパッドに公開されています。自宅でもつくれることに驚きました。
https://cookpad.com/recipe/5765268
自動倉庫のExotec、しらなかったのでメモ。昔からダイフクなどマテハン系がやっていて、スタートアップで言えばビジョンファンドも投資しているAutoStoreが有名。
下記に上記メーカーなど含めてソリューションがまとまっている。色々形式は違って、それぞれに向いている用途などが違うが、競争という観点で既存ソリューションとの違い(独自メリット)は何なのだろう?
https://www.nittsushoji.co.jp/aloznavigate/facility/material_handling/segment/automatic_warehouse.html
農業・水産業の生産方法の転換が始まっています
そのひとつが細胞農業です。
培養肉は、細胞農業で培養可能なもののひとつで、理論的には、細胞から形成されているもの、例えば、植物・花卉・毛皮・皮などは全て培養技術で培養可能です。
既にエビやマグロなどの魚介類は培養されています。
培養フォアグラ。欧州を中心に動物虐待の観点からフォアグラの提供、販売を禁止する国や地域が増えているので一定のニーズが期待できそうですね。
そこでまでして食べたいかという声もありそうですが、フランスではクリスマスに欠かせない食材。
培養フォアグラが誕生ですって!?
サイコーです!!

アニマルウェルフェアの観点からフォアグラは絶滅危惧食材。次々と使えなくなる食材が出てきて、フレンチ界隈からも「もう、いい加減にしてくれ!え?次は何だ??チキンか???」とシェフの反乱でも起こりそうな雰囲気。

培養フォアグラが誕生したら、素晴らしいです。
こんなこと公言したら怒られちゃいそうですが、私もフォアグラ大好きなので♪
IntegriCultureはユニークです。あえて食感と味の再現が難しいフォアグラにチャレンジするというのがいい。プラス重量単価という儲けの源泉もしっかり抑えている。欧米のVCには受けるでしょうね。
培養フォアグラめちゃくちゃ食べてみたいです!長期的には家畜由来の肉よりも培養肉を食べることの方が多くなると思うので、その最初期の味を知っておけたら将来孫に自慢できそう。
植物由来の人工肉に続くと目されている、培養系の人工肉の会社は米国ではラボレベルではうまくできるのですが、拡大生産する段階になると癌化細胞やウィルスの発生等を検知し取り除く等の安定的に制御する仕組みづくりにどこも苦戦しており、実用化は当初想定よりもまだまだ先になるのではと言われています。

植物由来の代替肉製品は独自の油や人工調味料等の利用により必ずしも健康的な食品ではない(一部の研究者はファーストフードのフライドポテトと同じという人もいるようです。)ことから、健康に良い植物由来の代替肉製品の開発や、培養系合成生物学による代替肉製品に注目が集まっています。

培養系のソリューションよりも酵素や酵母をつかった合成生物学による代替食品生産の方がより短中期的には次世代の本命に近いという発表がカリフォルニア州立大学の代替食品の研究センターの昨年のプレゼンテーションでもされていました。

要は動物にある、哺乳類の肉細胞のような体全体の免疫機能があることが前提とされる細胞は、免疫機能がなければ、一定割合で癌化したり、ウィルス等の攻撃に対しての防御機能がないため、細胞培養を行うの際にはそのような本来の生物として備わっている免疫機能的な機能を備えなければ安定的な細胞培養は難しく、そのような免疫機能を人工的に整備することはなかなか難易度が高いということになるようです。人工的な免疫機能を作ることができれば、培養肉以外にもヘルスケアのさまざまな分野で革命的なメリットを人類にもたらしますよね!

確かに細胞培養による食品生産は非常に夢がありますが、商業化にはクリアしなくては点が大きいようです。引き続き注目していきたい分野です。
「おいしいものは、作る時にも問題があり、身体に悪い」...というジレンマもある天然素材のものから、「おいしくて、身体にも良い」というものに変えられたら最高。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
スタートアップの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート