新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白いマーケティング。 コストコのポジショニングを強化する上で 大いに役立つストーリー。 
バリューフォーマネーのコミットメントを5ドルのホットドッグ絶対値上げしない経営者の声として伝えている。

カートいっぱいになってしまった買い物(いっぱい買ったなー)を横目に ホットドッグとコーラを食べ、クールダウン。さあ車に積み込むぞ!には 胃袋の欲求を満たすのは有効。
多くを語らない。ブランドとはそういうものだと言えばそれまでですが、カッコいいです。
"あのホットドッグを1.50ドル以上にするつもりはない。そういうことだ"
IKEAもソフトクリーム50円やホットドッグ(ベジドッグ)80円を貫いていますよね。ふとした時に、ソフトクリームを思い出した子どもに「また行きたい!」とせがまれて、ついつい足を運ぶ家庭も少なくないのでは?(うちだけではないと思うのですが...)
大して美味しくはないとも思うんですが、個人的にも惹かれて買い物に行きます。家族3人分の、ホットドッグ・ピザ・チキンベイク・ドリンクを買っても10ドル位。

Costcoって興味深い企業ですよね。Amazonのお膝元のSeattle近郊発の企業で、eコマース全盛の時代においても成長を続けている。

会員制のプライシング・圧倒的に安い商品(とそれに混じったそうでもない商品)・従業員への待遇などに現れる企業文化など、面白いです。企業文化的に、消費者や労働者から、Amazonよりも好かれているのは間違いないですね。

【追記】
Costcoの利益の大半は会員費から来ている、という説明は良く見かけるのですが、管理会計のフレームワークとして適切なのか、疑問に感じます。「会員獲得にかかるコスト」を計算してないですよね。会員費の利益を計算するのであれば、会員獲得に貢献している「商品価格の引き下げのコスト」も計算に含めないと、おかしい。
そうですよね。

コストコのホットドッグは1.50ドルのままという記事です。

客観的にみると当然の判断のように感じますが、現場では議論はあるのかと思います。

おそらく、単体の事業としてみた際、黒字ではないと思いますので、目先の利益を伸ばす必要がある責任者からすると、テコ入れを何度も検討しのではないでしょうか。

年間、1億5100万セットを販売してるので、10円値上げすると10億くらいは売上が上がる可能性がありますからね。

状況が変われば別の判断が必要になりますが、コストコはマーケティングが強いため上手く乗り切るのでしょう。

勉強になります。

――――――――――――――――――――
越谷雑談がやてっく 運営しています。
https://koshigaya.gayatec.jp/
――――――――――――――――――――
アメリカはインフレしているとはよく言われてきていて、ニュースでも知っていましたが、実際に住んでみると、特に円安のこの状況で、だと1ドル119円だとか118円だとかを考えてしまいなかなか購買意欲が湧きません。
お腹のすき具合を見ながらですが夕食を省こうとも考えることもありますし、水「1」リットルでブランドにもよりますが税金を入れると3.5-5ドル程度かかってきます。日本では水「2」リットルが200円もしないで手に入ることを考えると分かりやすいでしょうか。
そのようなインフレの中で1.5ドルをキープし続ける企業努力は言葉には到底できないような努力を必要としていることは確かです。個人としては、そこに1.5ドル以上の価値を感じてしまいます。
「それ(または、そこ)で儲けていないし、儲ける気もない」からですよね。

もっと言えば、究極、無料で配ってもよいくらいのサービス品なのです。

買いに来てもらえて、たくさん買っていただいたお客様へのお礼が、この1.5ドルの意味です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
オニオンごりごりかけて、レリッシュはなしで食べます