新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
留学生に対する措置もそうですが、世界のなかで、日本が人気があって、みんな日本に来たがっている、という認識で政策が運営されているのではないかと思わされます。日本は選択肢の一つに過ぎない、選んでくれる人は大切だという前提に立つことが重要ではないでしょうか。
絶望です。今週、2年前に入学し、一度も日本にこれていない学生が、一度も日本にこれる前に卒業するのは忍びないと、修士論文の提出を敢えてしませんでした。日本には入国できないからと、せっかく採用できそうだった極めて優秀な学生も、別の国に行ってしまいました。
 こうした悲しいストーリーの只中にいるので、一層そう思います。日本の未来に関わり、日本に魅力を感じてくれている方々に、この仕打ちは残念です。 
 もちろん、関係者の方々の優先順位は理解します。ただ、この優先順位は、私にとってはとても残念です。
今回緩和の対象になっているのは国費留学生のみです。しかし、全留学生のうち国費が占める割合はごくわずか。すなわち、私費留学生のほうが圧倒的に多いです。

昨日規制緩和の報道が出た段階で、入国できないで苦しんでいる学生に日本語のニュースサイトのURLを送りました。その後、すぐに
yes, for mext scholarship (原文ママ)
とだけ返事が来ました。自分が対象外であることを既に知っていました。

みなさんが既に指摘されている通り、日本の応援団となりうる人、将来貴重な人脈となってくれる人たちを失い続けていることは非常に残念でなりません。

また、自分にとっては例えば1年という期間は去年のそれとほとんど変わりがありませんが、彼らにとっては2-4年しかない学びの中で少しでも日本に来るチャンスを削られるということは気の毒でしかありません。

平成29年度11月1日現在 外国人学生数
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400072800.pdf
私の周りでも日本の大学院に合格しているにも関わらず、入国できない知人が結構います。日本の国際競争力が落ちている中で、彼/彼女らは日本に興味を持ってくれて、将来的にも大きく貢献をしてくれる人材だと思います。入国時のプロトコルさえ守れば海外に住む日本人と彼/彼女らとでリスクに変わりはないのですから、合理的な判断及びスムースなオペレーション構築がなされることを願います。
留学生の入国は、2021年11月上旬に1度緩和されましたが、ごく一部が入国できたに過ぎず、同じ月の11月末、オミクロン株登場によって、従前以上に入国できないようになりました。
 今回は、この11月末に入国できなくなった国費留学生だけでも、4月までに入国させようということでしょう。
 日本に来ている外国人留学生28万人の内、国費留学生は9000人、30分の1の精鋭です。
 国費留学生以外の外国人留学生、つまり私費留学生については、2022年4月に入国するのはほぼ無理でしょう。すでに合格通知を出している場合はどうするのか、これからやる入試で外国人留学生に合格通知を出してもいいものかどうか、全国の大学が対応に追われています。
 オンラインで試験をして、合格通知を出すことはできますが、場合によっては、1度も日本へ入国することなく「日本留学」が終わってしまうこともありえます。
 なお、技能実習生もやはり入国できない状態が続いています。農家があてにしているレタスなどの4月の植え付けには、まず間に合わないでしょう。

政府、入国制限1日5千人に緩和
https://preview3.newspicks.com/news/6361572?ref=user_1125005
「入国制限の長期化で留学先を別の国に変更する動き」。残念ながら東大の知り合いと話していても、トップ層の学生ほど日本の大学を敬遠する動きは不可逆になってしまったよう。鎖国政策の中長期的なダメージは計り知れないほど巨大だ
やっとですか。本当に出遅れ感がありますね、、、

日本語学校を運営に携わっているのですが、日本への留学希望者はどんどん減っています。
この期に及んで国費かどうかでなぜ差別をするのか.. このまま時間切れで「一歩も大学に足をふみいれないままの修士号」が出ると思います。
段階的でも良いから、とにかく、速やかに入国への道筋を
全ての日本への大学、大学院、高校への留学生には示してあげて欲しいです。

将来、日本を理解してくれる日本のサポーターとなるはずの外国人がいなくなれば、それは日本にとっては致命的な痛手になります。
9割は私費留学生なのになぜ含まれていないのか。間違いなく国の未来を壊す施策。悲しい。