新着Pick

Z世代、最も必要なSNSはYouTube ヴェネクトが調査結果を発表

繊研新聞社
マーケティング支援のヴェネクト(東京、大脇香菜代表取締役CEO=最高経営責任者)は、Z世代(90年代後半から2000年代に生まれた世代)のSNS、EC利用についての調査結果をまとめた。「最も必要なSNSはユーチューブ」と回答し、70%が商品購入の参考にしていた。
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
YouTubeってSNSなのか!
僕も重宝しています。エンタメだけじゃなくて、勉強する時もまずは普通にググる前にYouTubeで調べます。
もうこれらのSNSメディアはインフラですよね。
YouTuberをやっているものの一位がYouTubeなのは意外でしたが調査対象が日本だからですかね、ちなみにLINEが一位から陥落したのはその他SNSでのDMが大分利用されるようになったからですかね
私も最近ググるより、YouTubeで検索することが多くなりました。

結構な確率で知りたい情報へたどり着けますし、動画は文字文書より情報がインプットされやすいのでインプット手段として重宝しています。
申し訳ありませんが、残念ですが、この結果には共感できません。
原因は、サンプル数の不足、サンプルの分布の課題、そして一番は、本音を聞ける関係性を構築できていない状態での調査だったことだと予想します。

(以下、記事中から引用)
調査は21年8月13~16日、オンラインで全国の15~69歳の男女2400人から回答を得た。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません