新着Pick
957Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
重い沈黙の集団の場合、よく使う手の一つは、ミーティングの最初に「このミーティングをどんな場にしたいか?」という問いをし、各自ポストイットに書いてもらいます。そうすると、どんなに沈黙集団であっても、「自由に言えるミーティングにしたい」や「前に進むディスカッションの時間」などなど、心の内を明かしてくれます。

そして、その内容をお互いに共有し、ポストイットを見える場所に貼っておきます。ミーティング中、もしくは初めから沈黙の壁が現れたら、「あれ? 皆さんが求めている時間は、これでは?今どんな状態?何が起きている?」と、ポストイットを指すと、重い空気の場を変える大きなきっかけになり、発言するようになります。

さらに、一人ひとりの意見を否定せずに共感することも大事。どう考えても変な意見だったとしても、「なるほど、そういう視点もあるんですね。」というように、同意はしていないが、意見を認識したという共感の繋ぎ言葉は、より活発な意見を促します。

ミーティングで大切なのは「共感力」と、時には場を反映し、時には場を切り替える問いですね。つまり、「場を制する」ということを意識すれば、効果的なミーティングになります。
沈黙のミーティングにおいてもう一つ大切なことは、沈黙の時間を許容するということではないかと思う。

言葉が常に飛び交ってないといけないとなると、思考が深まっていないことまで無理矢理引っ張り出すことにもなる。

人それぞれの思考にかかる時間は異なる。それを許容し、本来の議論ができる状態にすることも、とても重要なことだ。
すごく具体的な方法論で参考になります。
まだ自分の経験が浅いせいか、私がファシリテーターをするときは「〇〇さんどう思う?」と、とりあえずその場の話を回すことに精一杯になってしまいます。
しかし、メンバーのこだわりや「見たい光景」を意識することで、問いかけもより具体的に、回答しやすい形で投げることができそうです。
場を盛り上げる問いかけには、場にリズムを作ることが大切ですね。このレポートでは「問いかけの作法③投げかける」のプッシュとプルの使い分けに相当するでしょうか。

特に問いかけて、相手の回答にうなずくことが大切。それは共感にも通じます。うなずきのリズムが、場のリズムを作ります。

先日NHKの「ためしてガッテン」でリズムの効用を取り上げていましたが、驚きの連続でした。モデレーターが場のリズムを作ることができれば、参加者の脳がリラックスして活性化し、いろいろな意見が出てくることでしょう。
"現代では、多くのチームにおいてお互いの意見が抑圧され、ポテンシャルが阻害されている事例は枚挙に暇がない。"
そこで重要なのは「問いかけ」。そして私は会議の時のマインドセットとして
・沈黙を恐れない
・当たり前を疑う(クリティカルシンキング)
・問いを深める
そんなことを置いています。
特に、「当たり前を疑う」は重要です。
例えば他の可能性を持つ”それ”が「普通」という言葉で片付けられた時、
一瞬にしてその可能性は払拭されてしまう。
普通、という言葉は面白いです。世の中に普通の存在などないのに。

一人一人の想いや意見を引き出す場を作る、ファシリテーターの能力も必要なのだろうな。
その場に有限とされる個人の時間と、居るからこそ集える場を今は最高の環境条件だととらえ、本気で最大限に活用していきたいです。
グループシンクに陥りがちな組織が多いと感じます。
上司や経験者、年長者などが意見を言うと考えることを止めてしまう若手、というのがよくある構図ですね。そうならないようにするには、むしろ上司などが率先してオープンな問いかけをすることです。意見の集約や方向を決めるような話しぶりを封印するわけです。一種のファシリテーションと言ってもいいですね。それができる年長者が最高のリーダーだと感じます。

そもそも、チームというのは多様な意見や価値観が化学変化を起こし創造的なプロセスを実現できる人たちです。即ち、メンバーが補い合い助け合い、1+1が2以上になるわけです。それができないのはただの集団です。真のチームをを創り出すカルチャーは、リーダーの普段の問いかけかもしれませんね。
『チームのポテンシャルを引き出す「反応」を狙い、どの未知数にどうライトを当てて質問するかが、問いかけの本質だ。
そして良い問いかけとは、「見立てる」「組み立てる」「投げかける」の3つの行為のサイクルによって成立する』

本の要約の記事だが、これだけで学びある。
"問いかけ"が優れていると、場の雰囲気を高め、ベクトルを揃え、目指したいゴールに向けたアイデアを引き出す事ができる。いわゆるファシリテーターの極意なのだと思う。問いかけという技法にこれだけ様々な切り口や種類がある事は改めて驚いた。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。