新着Pick
629Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いや、ものすごく検索しますよ、スマホで。私もティーンエイジャーの娘も。これから増えますって。
検索は減る一方で、Google Playでアプリを検索するので、そのレイヤーはしっかり押さえてるのがさすが
ただ、アプリも充実していくとアプリ内での滞在時間は増えそうなので、パソコン時代よりはパワーは分散していくのでしょう
完全にアプリからの流入がメジャーです
確かにスマホで、あんまり検索しないな。
同感だ。⇒「おもしろいコンテンツを作れるメディアが勝ち、おもしろいコンテンツを作れる人の価値が上がる」
感じますね!「SEOは結果」その通りだと思います。
NewsPicksへのコメントがキッカケで、今月オープンした私のブログへ30時間で2万人超。検索は、数えられるくらい。でも結果「電力会社 受け入れ」でトップになり驚いているところです。
検索するという行為がより限定的行為になっていくという点では同意かな。昔みたいに何でもかんでも検索する時代ではなくなってきてるとは思うけど、検索するほうが手っ取り早く目当ての情報にたどり着ける場合は普通に検索するよね、という感じ。
アプリの使用割合の方が圧倒的に増えているという統計をたまに目にするけど、FacebookもYoutubeもアプリとしてカウントされてるので、そりゃ多くなるわと思ってしまう。どちらかというとサイトにアクセスしたユーザーに魅力的なコンテンツをしっかり提供してアプリ版をいかにアクティベートさせることが出来るか=スマホのホーム画面を取れるかを考えるべきという観点のほうが筋としては正しいのではないかな。
当のGoogleはそんなことには当然気づいていて、だからセンサーとか自動車とかに力を入れている。
この話は同意できる点が多い。

ちょうど大学院のクラスでも7月期からハフィントンポストのケースに入れ替え、スマートフォン時代のネットメディアに関する議論を展開したばかりだが、サイト流入の行動が、検索からソーシャルへとシフトし、「自社サイトへダイレクト=ブランド」「検索」「ソーシャル」のバランスが変化している点など、ここでの話と合致する。

ただ面白いコンテンツというビッグワードには、解釈の幅があり、ここはまだ何が面白いといえるかを手探りで探っている状態だと考えている。
言い換えると「情報価値が高い」コンテンツが良いのではなく、場合によってはソーシャルメディア上でバズが広がるような、「話題性のある」コンテンツが良いコンテンツのほうが流入面では確実に良いコンテンツとなる。

各社が自社の理念やブランドを踏まえた、話題性の高いコンテンツをどれだけ作り上げられるか?これがこれからの勝負の肝だと思っています。
確かに携帯でGoogleから路線検索や食事する場所を探すことは減りましたね。
ただAndroidというOS上でGoogle Playというマーケットの上でのアプリを使ってに変わっている話でもあるので、Googleも戦略的にWindowsからはよりフィールドを奪っているようにも見えるし、Appleとの戦いがより激化しているとも見えますね。
そう考えるとWindows&Google検索の世界をいち早くiPhoneで崩したジョブスはすごいですね。。
私のブログ等もすでに半数以上がスマートフォンからです。当然ではありますが、今後はコンテンツの中身が勝負ということだと思います。