新着Pick
349Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「世界を変えようとする強い願望」――起業家という生き物は、革命家に似ているな、とつくづく思う。明治の志士が現代に生きていたら、きっと起業家になっていたんでしょうね。
何かをやり遂げるには1人ではできない。チームが必要。gumiマフィアでPaypalマフィア越えを果たすよ〜!
***
ティールは、ペイパルでの目標の一つは、友情が長続きする会社を作ることだったと言う。ほかに何一つ長続きするものがなかったとしてもだ。
本当、ずば抜けた集団。
「イーロン・マスクはスペースXを創業し、テスラ・モーターズを共同創業した。リード・ホフマンはリンクトインの共同創業者で、デビッド・サックスはヤマーを共同で創業し、マックス・レブチンは「オンラインの都市ガイド」、イエルプを創業した。フォーチュン誌が「ドン」と名付けたティールは全員と仲が良く、これらの企業の多くに多額の投資をしている。」
仕事と友情、個人的にはとても重要だと思う。起きてる時間のかなりを友人と過ごせるなら、そのQoLはかなり高くなる。それに遠慮なく意見を言いやすく、それは仕事の成功にもつながるものだと思う。
『ティールは、ペイパルでの目標の一つは、友情が長続きする会社を作ることだったと言う。ほかに何一つ長続きするものがなかったとしてもだ。』
「関心はカネ儲けではなく」とあるが、カネ儲けを目的に大きな仕事成し遂げる人は稀。お金は、いい仕事の結果。
これはいい言葉。
「ニューヨークの法律事務所に勤めていたある人が、事務所では全員がお互いを嫌っていたが、全員が多額の報酬を得た。それがプロフェッショナルな職場であることの証左だと言っていた。我々はそれとは全く違うことをしたかったのだ」
この連載読んだら、ゼロtoワン、買いたくなった。というか、買ったw
バリバリのコンピュータサイエンスではなく、哲学っぽいところが意外で、魅力。
ビジネスとは突き詰めると、如何に「社会的不合理」を解消するか。例えばGoogleにとっての「不合理」は「人類の情報格差」だ。大きな「不合理」に挑戦している会社ほど、成長ポテンシャルも大きい
日本でもこういうイノベーターが最も尊敬されるようになるといいよね。
イーロン・マスク、リード・ホフマン、デビッド・サックス、マックス・レブチン。彼らの「ドン」として彼らとの関係性を上手く保っているティール。なんという人物なんだろう。そこに関係してくるマーク・ザッカーバーグ。類は人を呼んでいるな。
この連載について
伝説の起業家にして投資家、ピーター・ティールによる起業論を紹介。

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
81.4 兆円

業績