新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ガン保険の費用対効果が悪いと言うはなし。
ガンについては治療にかかる金額はせいぜい数十万というし、生涯でみればいつかはかかる可能性は高い。
日頃アドバイスもらっているFPさんが「保険とは本来確率が低く高額のものにかけるもの。確率が高く低額のリスクは自己資金で対応すべし」と言っているがその通りで、「保険料から保険会社の運営コストを差し引いた分の貯金」をする必要はないと理解している
医療が進歩すればするほど、がんの発見率は高くなる。そして、早期発見が可能になれば通院だけで治るケースや手術を必要としないケース、入院をほとんど必要としないケースが増えてくる。
それなのに、わざわざ病状をがんに限定して保険に入る必要があるのか?保険に入っていたのに3日の入院で完治だなんて、保険の意味はあるのか?
保険は損得ではないけれど、あえてがん家系の人にオススメなのはがんと診断されたら数百万円の診断給付金が支払われるだけのシンプルな保険商品。でも、そもそもある程度の貯蓄がある人は医療保険はあんまり必要ない。むしろちゃんと所得保障を確保しておくべきだと思う。
ガン保険に入るなら、手数料の高いファンドを買ったほうがまだマシか(笑)
自分は都民共済(2000円)のみです。
保険は周りの人のためにかけるものだと思う。自分ががんになった時、周りは最高の治療を受けさせたいと思い、わずかな望みを持って高額な治療を受けさせるべく借金したり、貯金を切り崩したり。治ったあとだって仕事を減らしたりして家族に負担をかける。こうした心労考えたら月数千円の保険料は払う価値があると思っている。
リテラシー高めないと損するだけ。
多くの保険会社が儲かっているのは事実だが、この論評はやや乱暴ではないか。この理屈だと自動車保険に加入するのも損だという話になるが、自動車保険に入らない人は少ない。要はダウンサイドリスクの視点が欠落している
郵便局でガン保険売るとこうなります。損しないように気を付けよう。
日本郵政株式会社(にっぽんゆうせい、英語: Japan Post Holdings Co.,Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、日本郵政グループの持株会社である。子会社として日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、日本郵政インフォメーションテクノロジーを持つ。総務省所管の特殊会社である。公共企業体の日本郵政公社が前身。 ウィキペディア
時価総額
4.41 兆円

業績