新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年末に引き続き、今週一週間ニューヨーク市内の大学病院でオミクロンの入院診療にあたっていました。その業務は、予想以上に厳しいものでした。

ここにも報告されるように、あまりにも感染者が多く、十分検査も追いついていないのだと思いますが、病院に来るすべての患者さんがコロナではないかと思われるほどの出現頻度になりました。

デルタ以前と比較し、あまりに感染が広がりすぎたので、仮にコロナ自体は軽症だったとしても、体調悪化により転倒して怪我をした、喘息を悪化させた、コロナが引き金になり細菌による肺炎をおこしたなど、本当に様々な病気で患者さんが次々と運ばれてきました。まさに、これこそが「withコロナ」だと感じました。

また、私たち医療者にも、「オミクロンは重症化しない」という強すぎる先入観が邪魔をして、判断能力を低下させた側面もあるかもしれません。感染者が増加すれば確実に重症者も増えるのはデータが示している通りなのですが、それを低く見積もってしまっていたのかもしれません。「しにくい」のであって「しない」のではありません。

医療スタッフの欠員も響いています。感染力が強く、院内の思わぬところで院内感染も問題になります。我々の医療機関では、隔離期間を最短5日に短縮し、一人あたりの勤務時間も延長しての対応となりました。

2020年春のように、テントを貼ってセントラルパークにもベッドを準備しなければならない状況には全くなっていません。しかし、戦力ダウンも相まり昨冬より確実に厳しい冬を迎えています。

このような時期は、どうしても他の病気の診療が手薄になります。現在コロナ以外の内科の病気は、外科が対応するようにタスクシフトをしています。こういう時期こそ、逆説的ですが、あまりコロナに捉われすぎず、十分睡眠をとり、しっかり栄養を摂り、ぜひトータルで健康に気をつけてください。
本日感染者43000人のロサンゼルスより。なかなか大変なことになってきました。入院だけじゃなく、多数がコロナで出勤できなくて社会インフラが支障をきたしています。この2日で直接経験したことは、

●郵便屋さんが休みまくってて大変らしい。と、郵便屋さんが言ってた
●病院の受付の人がたりない
●近所のスタバが従業員たりなくて時短営業

みなみに昨日仕事でミーティングした15人くらいのうち3人が休暇中に感染したそう。ワクチン打ってたため症状はいづれも軽微でした。

オミクロン、症状が軽いのは朗報ですが、今までとは違う形で社会や経済を蝕みます。ナメないほうがいいです。
米国では過去最多の入院とのことですが、日本でもそのようになる可能性はあると思います。オミクロン株では、重症化しにくい、死亡まではさらに移行しにくいとは言われてはいますが、治療が受けられていることが前提となっており、初診外来が崩壊していると重症化しやすいと思いますし、ベッドが足らないとなると死に至りやすい環境が想定できます。

日本ではワクチンの入手に時間がかかっているものと思われ、米国よりも重症化に移行する率も高いと思われます。そういう事態を想定して、個人として動く必要があるのではないかと思います。
検査体制が整わず死亡原因が分からなかった当初は死亡者が目立ちますが、過去の感染ピークの周期を見ると、陽性者数の増加と死者の増加がほぼ同期していることが分かります。オミクロン株が広がった今回は、陽性者数が急増する中で死者数がむしろ減少傾向にあるところが特徴です。感染力は強いが上気道の炎症が主体で致死率が低いとされるオミクロン株の特性でしょう。
https://covid19.who.int/region/amro/country/us
この傾向は世界全体で見ても同じです。
https://covid19.who.int/
だからこそ米国は市民生活を極力阻害しないで対応する努力を重ねているのでしょう。オミクロン株陽性となれば無症状者も陰性の濃厚接触者も入院・隔離して日々トレースする日本の対応は世界の中で明らかに異常です。これでは医療資源がどれほどあっても逼迫は避けられません。米国レベルに感染が広がらなくでも混乱は必至です。
ちなみに、デルタ株が猛威を振るって殆どの国民が抗体を持ったと伝えられるインドでは感染そのものが軽微です。
https://covid19.who.int/region/searo/country/in
3度のピークを経て感染力は強いが毒性の弱いウイルスが生まれて普通の風邪に変わっていったスペイン風邪が典型ですが、ウイルスが変異した場合、感染力が強く毒性が弱いウイルスほど“生き残り易い”と言うのは専門家ならずとも容易に分かるところです。オミクロン株への感染が他の変異株への免疫力を高めるか否かは未だ分かりませんし、感染が広がれば毒性の強い変異が起きる可能性もありますので油断しろとは言いませんが、オミクロン株が『終わりの始まり』である可能性はそれなりにあるんじゃないのかな・・・ 
もしこれが終わりの始まりだとすると、隔離で感染を防げば防ぐほど抗体を持つ人が減って終焉が遅れる可能性もありそうです。こうした報道が続いて「拙速・やりすぎ」が良い、との認識が日本で拡がり過ぎないかが心配です。
カリフォルニア州に住む知人から、カリフォルニア州では向こう3週間は我慢の時→ピークアウトは3週間後を予測していると聞きました。

ニューヨーク州はカリフォルニア州よりも状況が厳しいのでしょうか?
山田先生、激務の中での情報発信ありがとうございます。

日本はピークアウトの予測すら出来ないようで、まだまだこれからですね。
やり過ぎな対応から、適切な対応にスムーズにシフトして欲しいです。ら
山田さんのコメントがとにかく参考になる。

恐れすぎるのもよくないですが、素人が「風邪と同じ」と言い切れるものでもないでしょう。
まあ、あと少し様子を見ましょう。
こういう情報は気になりますね。
しかし、もう少し突っ込んで入院患者のうち重症化している患者はどれくらいいるのでしょうか?
オミクロン株は大したことがないのか、気を付けなくてはいけないのかの分かれ目だと思います。
日本は初期の政策が成功して時間を稼げています。他国の情報をしっかり分析して対応して頂きたいです。
CDCのワレンスキ所長は7日、NBCテレビで「感染がピークに達したとはまだ思えない」と懸念を示したとのこと。
重症化をしなくても、感染者が爆増すれば、結局入院者数が最多になる、ということなのか。