新着Pick
199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この状況を改善できなきゃできないでKindle流れる人増えそうなのでどっちにしろAmazonは勝つという。
記事以外に新しい状況。アマゾンの在庫切れはさらに増えるものと思われます。
これまでは大型パブや広告がある場合、前持って出版社の方で手動で在庫を増やすように指示できたのですが、10月1日より、今後、全てそれまでの平均売り上げによる自動補充にするという通知が10月を過ぎてからただ1通ポーンと送られてきました。

それが嫌なら、去年からアマゾンが出版社に持ちかけているパートナー契約を結べと。つまり年間600万円以上の契約料を払えと。
それはアマゾンによる一方的な評価基準により価格が決まるもので、売り上げに準じたものではない。今回の処置は、パートナー契約を結ばない出版社への締め付けとも受け取れます。

楽天にも似たような仕組みはありますが、違いは、交渉の余地があるところ。アマゾンの日本事務所は全てアメリカの指示によっているので、全く顔が見える感がない。全てが突然目一方的に。そのやり口が不快で、弊社はまだ結んでいませんが、読者の方や著者の方を思うと。。

アマゾンと双璧になれるプラットフォームが出てきて競争原理が働くようになってほしいものです。
全国の本屋のネット書店があります。
加盟のご指定書店でもご自宅でも受け取れます。
街の本屋も取次と協力して、こんな努力もしています。
チョット試してみてください。

www.e-hon.ne.jp/

オンライン書店e-honは日本最大級の本の通販サイトです。書籍、雑誌、コミック、CD、 DVDなどをお取り扱い中。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要! 個別梱包で届くので安心です。
改善できるのにしないのは単なる怠慢
へぇ。これは知らなかった。
確かに、最寄りの本屋に問い合わせた方が早いことはよくある。日本は他国に比べて本屋が段違いに多いわけだし、そこらへんのネットワークができれば強そうなのになぁ
予想以上に書籍物流が「節」の多い古典的な取次制度を基盤にしていることがわかります。物流も時代遅れですが、商流にも問題あります。出版業界の慣行では、書店が在庫を買い取らない、一種の「委託販売」であって、この出版社からの「送り込み」と書店からの「返本」の結果、出版社では実販数が捕捉できないと聞きました。富山の薬売り方式か石器時代のビジネスモデルと言うのはい言いぎですかね。
一つの謎だったのだが理解した。自分はほとんどKindleだけど。
小島さんがコメントされている本屋のネット書店、先日利用しました。アマゾンよりも便利な気がします。受け取り先も自宅か加盟している本屋のどこでも受け取れますし。
これがもっと認知されて広がればいいのにと思いました。
補充が遅い理由がわかった!
経路がありすぎて動く読んで理解するのをやめた。遅くて利益が他に流れれば改善されるでしょう。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.36 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
95.9 兆円

業績