新着Pick
27Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メディアにとって「読者」はどういう位置づけの存在なのか。SNSの台頭とともにその考え方が大きく変わってきたように思います。
かつてはメディアは情報流通を独占し、「マス」に対して一方通行で情報を届ける存在。「送り手」と「受け手」という関係がはっきりしていました。いまネット上では「共感を呼ぶコンテンツ」が重視され、読者の考えを反映した双方向型のコンテンツづくりが一つの時流のようになっています。
「世界中の聴衆のためになる」「読者に敬意を払う」ニュースの形とはどのようなものか。中身の改革か届け方の改革か。同じメディアに身を置く者として、注目しています。
バズフィードのベン・スミスはたった2年でNYTを退社するということなのか。ブルームバーグは、もともと金融業界のサブスク型のターミナルにむけた情報に特化している通信社で、バズフィードは無料広告モデル、後者は、今、大きな危機に瀕している。

どのようなメディアをつくのか、注目。
鳴り物入りでのNYT移籍から2年。水が合わなかったのでしょうか。
アメリカのメディアは地方を中心に惨憺たる状況ですが、今回のようにダイナミックな動き(ヒトもカネも)には引きつけられる部分もある。
やっぱり人材流動性って大事。
伝統的な「1→多数」のマスメディアから「多数→多数」のコミュニケーションに移行する流れの一つとなるか。問題は後者の場合、誰でも発信者になり得るので、発信する情報の正確性や信頼性をどう担保するのか、ということだろう。
Ben Smith氏がNew York Timesを離れることをNYTの記事で知りました。NYTの懐の深さに感じ入りつつも、記事からは寂しさも。「マス」メディアは本質的な姿をそれほど変えない間に、ニュースレターやポッドキャストなどのクリエーターエコノミー型のメディアはここ数年新しい機会を開拓してきました。両者の存在を見ながら、どのような新しいメディアビジネスが展開されるのか楽しみです。
BuzzFeed News初代編集長からNYタイムズの花形ポジションであるメディアコラムニストに引き抜かれ、スクープと鋭い論説を連発したベン・スミスが再び新しいメディアスタートアップを立ち上げる。しかも、急成長を続けていたブルームバーグ・メディアCEOと一緒に。最高ですね。

ベンは自らも一流の書き手であり、スクープに重きをおき、かつ、読者目線を忘れない編集長です。どんなニュースルームにするか、まだ詳細は決まってないとインタビューに答えていますが、今から期待が高まってます。
ブルームバーグ・メディアのジャスティン・スミスCEOと米紙ニューヨーク・タイムズのコラムニストのベン・スミス氏がそれぞれ退社し、新たなメディアを立ち上げるそうです。
「読者に「敬意を払う」ニュースを作り上げたい」そうです。