新着Pick
493Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パイロット版の試験機のような武骨な状態でも、とりあえず出してみるのを、パナソニックがやっているのが素晴らしい。いつ来るか、メタバースと呼ぶか、は置いておいても仮想現実的な方向が進んでいくのは間違いないので、現在のHWで可能な実装で判断せず色々な可能性を注視したい。

出展と出張を取り止めたことで、久々にCES会場をブラブラしてこういうのを色々触って来れるチャンスを失ったのは悲しい。
すごいマトリックス的なディストピア感の強いビジュアルですねw
遡れば押井守の実写、アヴァロン。

不可逆な流れなんでしょうけど
同じ空間にいるのにそれぞれ別世界と繋がっていて、目の前の人は眼中にないという
満員電車的な空間が日常生活どこでも当たり前になっていくと
偶然出会った人と見つめ合って。。。みたいなことはもはやおとぎ話かラノベの世界の出来事となるのでしょうか。
仮想現実は、まだまだ未知数だと思います。
ゴーグルが周囲の視界を遮ってしまう難点が解決されていません。

アップルがARを基本としてVRにも対応できる機器を出すという話もありますし…。

本格参入はもう少し様子を見てからでもいいのではないでしょうか?
それとも、とりあえず「挙手」をするという戦略なのかもしれませんね。
2022のコンテクストの一つがメタバースです。テクノロジーや通信速度の進化により、ようやく本格化しそうです。
ソニー、任天堂より、先にパナソニックが参入して来ましたね。お互いのプラットフォームを活かしてマイクロソフトはビジネスユース、メタは個人ユースになると思われますが、パナソニックはどの様使って行くのか。
パナソニックもメタバース参入!
なんかデバイスを装着している人を外から見るとシュールですよね。
パナソニックがメタバースに参入するとのこと。CESに先立ちメディアに披露。
「仮想現実(VR)に対応するヘッドセットやマイクといった3種類の端末を今春にも発売し、新たな需要の開拓を目指す」のだそうです。
昨年は早々にグリーがメタバースへの参入を表明した後は、海外企業の参入が続きましたが、今回あh老舗の日本企業の参入。
今年はメタバース関連のニュースがやはり増えそうですね。

こちらの記事もぜひご覧くださいませ。
【パナソニック版「メタバース」、仕掛け人は出戻り社員】
https://newspicks.com/news/6493836/
お!パナソニックさんも"メタバース"に参入なんですね!
その世界において、優れたインターフェイスをどう構築するかが一つのキーだと思っています。
日本の技術で新しい未来を創ってほしいです!
仮想空間には新しいビジネスの可能性が無限大にあるはず。日本でメタバースへの投資が活気付いているのは素晴らしいこと。海外勢にメタの世界を牛耳られないとうにしないと。
2020年の参考出展の時は、B2C向け発売未定だったから、岩佐さんチームがめっちゃ頑張ったということですかね。それにしてもマイクのビジュアルが気になる笑笑
今から参入するのも、高精細有機ELにするのも、このビジュアルも、松下らしいと感じました。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.83 兆円

業績