新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
青学が強豪校になったことが駅伝のイメージを大きく変えて、年輩男性が観戦するものから全世代に受けるスポーツに発展した。比較的地味で辛くてキツそうな忍耐系スポーツが、戦略性とエンタメ性をもつスポーツへと脱皮。原監督の貢献は大きい。それにしても選手達の走りっぷりは素晴らしかったです。おめでとうございます!
青学、とにかく強かった。ここまで努力した選手を称えたいと思います。

青山学院大の駅伝チームは、チームビルディングが確立されているように思います。大学スポーツは毎年選手が入れ替わり、その中で箱根を勝つには10人の安定して走れる選手を揃えなければなりません。青学は原監督のパフォーマンスがオモテで目立っていますが、「青学メセッド」のもと自主性が磨かれています。ここ数年、勝利を重ねるにつれ、学生のマネジメント力もつき、選手の個性・やる気が、箱根駅伝のタイミングに合うようしっかりと設計されているようです。

早稲田の元監督、渡辺泰幸さん曰く「原さんは学生には厳しい」と、その素顔を語っていたのが印象的で、最後は原さんが手綱を締めているのでしょう。

振り返って、往路2人の1年生起用は、選手層の厚い強豪校にあって異例ともいえます。3区太田蒼生選手は、大学駅伝自体も初出場で堂々の走り。登録メンバー全員が1万m28分台、往路は区間賞なくとも勝てる、そして復路は圧巻の強さ。チームとして総合力の強さを改めて感じます。
夏野さんのコメントに完全同意です!

出雲、全日本大学駅伝を見たときの青学には若干の不安を感じたんですが、距離の短い2レースと長距離10区の箱根駅伝とではまるで違うゲームであることを認識しました。

1万メートル28分台を10人ずらっと並べた豪華な布陣の青学が完璧なレース展開をしたことで別格の強さを発揮していましたね。

個人的には、1区で区間新記録を出した中央大学2年生の吉居選手の若さあふれる好走にしびれました。

1区独特の緊張感と選手同士の牽制の難しいコンディションの中、思い切って最初から飛ばしていったのは見ていて気持ちよかったし、スピードレースの流れを彼が作ったことで青学の総合新記録も生まれたと思います。
新年早々、後輩たちの健闘ぶりに鼓舞されました。本当におめでとうございます!原監督の名差配ぶりには敬服しかありません。
今年の箱根駅伝は青山学院大学が2年ぶり6回目の総合優勝を飾りました!
9区では往路1位の青学の中村唯翔選手が首位を守り、1時間7分15秒と14年ぶりに区間記録を更新しました。
【箱根駅伝9区 首位の青学大・中村唯翔、14年ぶりに区間記録を更新】
https://newspicks.com/news/6528566
9区、10区に区間新を出せる選手を配置できる選手層。本当に強い。往路終わった後に家族に半分冗談のつもりで10分差がつくかもって言ってたら本当に2位以下に10分離して優勝とは。下級生も多くしばらくは青学時代は続きそう。

一方でシード逃した早稲田や東海、明治など明らかにトラック番長なのかコンディション合わせられなかったのかわからないけど、シード落ちとは厳しい戦国時代ですね。

今年上位のチームは意外と4年生が多くはないので、来年も上位の顔ぶれはあまり変わりそうにないですね。来年の新人補強のうまくいってる中央あたりがかき回してくれるかも。
青山学院大学総合優勝おめでとうございます!!
守ることなく、終始攻めの走りで見ていて感動しました。

中央大学も往路、復路で力強い走りでしたね。
個人的には、初出場の駿河台大学の襷が最後まで繋がったのが良かったです。
2位以下の順位はかなり変動しましたが、トップの青学は圧勝でしたね。

チームのみなさん、青学関係者のみなさん、本当におめでとうございます!
視聴率も28.4%だったようです。
青学のすごさもありますが、箱根駅伝には単なるスポーツとは違う色んな要素が詰まっています。象徴的なのが「襷をつなぐ美学」です。

今回も往路の戸塚中継所(8区から9区)で日体大が、最終中継所の鶴見中継所では山梨学院大が先頭の青学から20分以上遅れて繰り上げスタートとなり、襷をつなぐことができませんでした。

逆に初出場の駿河台大学は、中学校の体育教師だった今井選手(31才)が区間順位20位ながらかつての教え子(永井選手)になんとか襷をつなぎ切りました。

箱根駅伝という最高峰レースに出場した選手の多くも大学を卒業いたら普通の社会人になります。その点はプロスポーツ選手になる人も多い野球やゴルフのような華やかさはありません。
普通の若者が力を合わせ、箱根で一瞬の輝きを放つ…そんな魅力が箱根駅伝にはあります。
箱根駅伝での青学の時代はまだまだ続きそうですね。
来年も青学に対抗できそうなのは駒大くらいかもしれません。
シード権を逃した11位以下に名門が並んでいることを見ると、勢力図の変化を感じます。