新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍のパンデミックで、出社が難しくなり現地にいないと仕事ができない場合以外は強制的にリモートワークへシフトした2020年、そしてその後はリモートワークをどのように効果的に実施することができるかと、コミュニケーションの活性に重きをおいてリモートワークでも対面と同様のレベルのコミュニケーションの取り方ができる工夫をしてきた2021年。そして2022年は、対面でのこれまでの良さも知っているし、リモートワークの良さもわかったというところで、ハイブリッドの選択肢を提示して、どちらも可能とするような働き方が選ばれていくのでしょう。一人一人のウェルビーイングを追及すると、個々人がどちらに重きをおくかは、人それぞれですから、多様性ある働き方が尊重される形でのハイブリッドな働き方のありかたがトレンドになりますね。
大退職時代も特に若手を中心に言われるワードですが、退職時代ということは、起業も含め、採用するチャンスも増えるとも読み取れます。いかに企業が一人一人のウェルビーイングと向き合い、個々人のキャリアに寄り添い共感できるか、ここでまたひとの流動性があっても良いではないかと思いながら
魅力ある企業でいなければと思っています。
2022年を形作るテーマとして、米CNETが選んだ5つ。パンデミックからエンデミック、働き方の改革などコロナによって急変したことがどのように収斂していくのか見届けたいなと思いました。

ユーザーの皆様が注目されるものは何でしょうか...それも是非教えていただけると嬉しいです!
個人的には、脱炭素のトレンドとエネルギー価格の高騰のせめぎ合いがどうなるかが気になります。

第三の手段としての原子力が見直されるのではないかと、個人的には思っているのですが…。
ハイブリッドワークは、加速すると思いますね。私も一昨年個人事業主事務所を立ち上げて昨年はハイブリッドワークが一気に加速しましたが,オンライン勤務の拡大で切り替えはやりやすくなったと思います。
時代の変化に振り回されるのではなく、自分自身の指針を持ち順応していきたいものです
#キャリアコンサルタント
関連記事一覧
挨拶する、笑いかける、体をさする医療現場で「看護師」が必要とされる本当の理由
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
25Picks

医療システム高度化で、適切な治療を受けられる世界を──デジタル医療チームの挑戦
talentbook
9Picks

2030年の転職市場と年収1000万円超えの職業、「医療」と「テック」の人材需要拡大。米労働市場データに見る
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
6Picks

インドネシア、医療従事者に3回目のワクチン追加接種 モデルナ製
www.afpbb.com
5Picks

「病床逼迫しない」から自宅療養拡大へ急転換 見通し甘い政府 野党「首相自ら医療崩壊認めた」と批判:東京新聞 TOKYO Web
東京新聞 TOKYO Web
4Picks

大阪の臨時医療施設を公開 個室に区切り、医師常駐
共同通信VIDEO
3Picks

「見習い救急医」は53歳のママさん医師 「隙間埋める医療を」一度は別の仕事するも再起・奮闘【鳥取発】
山陰中央テレビ
3Picks

新型コロナの感染拡大の背景に知識不足の可能性、国際医療研究センター
株式会社マイナビ
3Picks

慶應イノベーション・イニシアティブ、再生医療ベンチャー「セルージョン」に追加出資
デジタルシフトタイムズ
3Picks

東京でコロナ感染者減少も「救命救急医療体制に影響なお」 都モニタリング会議、10月14日
福井新聞オンライン
2Picks