新着Pick
168Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「アバターは、生前に録音された故人の声で会話する。遺族がスマートスピーカーやモバイルアプリ、PCアプリを使って故人の音声アバターに話しかけると、「Alexa」のような音声認識技術が作動し、あらかじめ録音された物語や思い出、冗談、歌、さらにはアドバイスなどが返ってくる。」

とのことなので、AIが文章をその人っぽく自動生成して語るわけではない。そういう意味ではAIと呼ぶには・・・という気もします。これを多くの人が受容するのか、それとも議論を呼ぶのか、見守ってみたいです。
実現可能なNetflix「ブラックミラー」や映画の世界。
しかし、複雑な気持ちにはなります。
父を亡くして12年ほど経ちますが、未だに夢で会えると、このまま夢の世界にずっといたいと夢の中で願う自分がいます。
もし、そうしてしまうと、今の家族は…。
気持ちはとっても分かりますが、難しい。
突然の事故や事件で亡くなった場合、徐々にお別れするための、フェイドアウト機能とかなら少し分かる気もします。
まさに死の克服

人間が直接死に抗うよりも、故人の周囲の人に与えた影響を緩和させていくというアプローチの方が実現性が高いし、生命倫理的な観点でも良いですね

メッセージングのプラットフォーマーが参入するとインパクトが大きそうです
「写真機が普及する前と後とでは、死生観が大きく変わった」という話を何かの本で読んだことがあります。
故人のビジュアルが残るということは基本的には19世紀以降に起きたことで、それ以前は(絵画を残せた富裕層を除くと)姿かたちが完全に「消滅」していた世界観からのギャップを思うと、私たちは既に「写真を通して故人と再開したように感じる、馬鹿げたように思える現象」を享受していることになります。
ぶっちゃけ僕も抵抗ありますが、10年後は浸透しているかもしれません。
録音、とのことなので、AIとは言いがたいように思います。
やろうと思えば、音声合成をそのまま故人に置き換え、つまり、alexaを故人の声にすることもできると思いますが、そうしなかったのは、

単なる録音の方が目的に合っている、ということなのだと思います。

こういったサービスでもなければ、あえてメッセージを録音しておくということもないでしょうし、故人も生前に、残される人のことを思って言葉を残す。

故人に思いを馳せるのに、ちょっとテクノロジーが手を貸している程度ですが、それで十分なのかもしれません。
このサービスは、若くして子供を残して亡くなってしまった方が子供に自分のことを知ってもらいたい…というケースには救いになるのではないでしょうか?
何かの本に、故人に関して、一番最初に忘れるのは声だと読んだことがあります。声を覚えていたいというニーズにも合うのかもしれません。
「「Siri」を介して、あの世と交信しているような感覚だった。」これは賛否両論になりそうです。個人的には、セラピーのような効果があるのであれば、それを求める人が利用できると良いと思います。正直、使ってみないとわかりませんが。
人を再現するAIが実用段階に向かう。それらしく再現するには何時間・何文字ぐらい学習させればいいかな。再現の正確さより学習の簡単さがサービスの肝に見える。
AIが作り出した「幻像(音声)」は家族や友人にとって大きな慰めとなり、まるでSF映画のワンシーンのようですね。

今後、故有名人の音声を希望する人が出たら、倫理的な問題を議論する必要があるかもしれません。
故人の存在を身近に感じられるサービス。
AIの進化がここまできていてすごいです。