新着Pick

「子ども食堂」全国で20%余増 幅広い世代の交流の場に

NHKニュース
【NHK】子どもたちに食事や居場所を提供する「子ども食堂」は、全国でおよそ6000か所と、去年の調査と比べて20%余り増えたことが…
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍で、その衰退が心配された「子ども食堂」がむしろ増えているという元気が出るニュースです。大阪のクリニック放火殺人事件の容疑者にも指摘が出ていますが、これからはあらゆる世代の「孤独・孤立」の克服が求められます。その意味でも、ますますニーズが高まっていくと思います。子どもを囲んで食事をする光景は、誰もが心和むものです。「子どもの貧困」だけでなく、今の社会の課題を乗り越える場になることを期待します。
子ども食堂がこのように増えていくことは大変素晴らしいことです。子ども食堂にいくことが、恥ずかしいことでもなんでもなくなってきているみたいですね。これは子ども食堂運営者の努力の賜物ですね。

子ども食堂が食事の拠点にとどまらず、学びや交流の側面を実装していることも素晴らしいことです。
社会課題の中でも、事業やビジネスとして解決しやすい領域とそうでない領域があり、貧困については社会事業として包括し辛い領域なのではないかと個人的に考えています。その点でも、NPO法人としてこども食堂を運営されている方を大変心強く感じています。

こども食堂は企業からの寄付やフードドライブ、フードバンクなど周囲の支援も欠かせない運営体制のため、各企業においても支援額が10倍になっているのは嬉しい知らせです。
フードバンクに関しては、新しく消費者庁が「使用期限」を設定し、企業側がより寄付しやすい仕組みが整えられてきました。
支援する側がリスクをとらず、支えやすい体制をつくるために、まだまだできることがあると考えています。

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20210714-00247795/
今年のこども食堂の箇所数が発表される前は、私はもう少しこども食堂が増えていると思っていましたが、思ったよりも増えていないのが実情です。

おそらく、このコロナ禍において増えている以上に休止や活動停止している所も増えているからではないかと考えています。

こども食堂を持続して運営していくことは、ものすごく大変なことです。
増えることは良いことだと思いますが、みなさんのご支援があって成り立っています。
調査を行ったNPOが本調査で「子ども食堂」の数の変動よりも、強調しているのは、「『貧困対策』と書かないで。スティグマをつけないでください。 」ということです。

本記事のコメントの散見されるように、「子ども食堂」=「貧困」としてのイメージがありますが、実際は、「子ども専用」は4%、「生活困窮家庭限定」は5%ということも明示されています。実際は、「地域づくり、コミュニティづくりの場」を目的とした取り組みとなっています。

「子ども食堂」が抱えるジレンマとして、多くの団体等で「貧困家庭の子どもを支援している」ということを訴えて、共感や寄付・支援を集めてきている経緯があます。一方で、「貧困対策」を訴えずに、自治体・行政、企業・団体等からの寄付や支援が集めていくことが難しいという状況もあります。

このジレンマを脱し、「地域づくり、コミュニティづくりの場」という認識で、子ども食堂が継続できるかがこれからの課題だと思います。
本当に素晴らしいことです。

「子供は社会で育てていく」という理念を実現しています。

NPOの方々には、社会の一員として感謝の気持でいっぱいです。
中小企業で寄付に活発な企業にて、子ども食堂は規模的に自分事化しやすかったり、より積極的な関わりからそれの見える化による共感を得やすいと伺ったこともあります。