新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私のキャリア開始の20年くらい前は
この内容が「飲みニケーション」で夜に※真夜中に?
先輩や上司からよく分からないごった煮の状況で
話を受けてました。何回も話をされて
なんとなく合意形成されていくプロセスが
日本的経営の良い面でもあり、悪い面だったのでしょう。

リーマンショック後からこういう飲みの機会が減り、
1on1という形でオンタイムでのコミュニケーションが
始まったように思えます。
記事にある通り、毎度夜な夜な飲んでうっすら
なんとなく合意形成する事なく、
端的に目的をもって合意形成する文化は
コロナになって一層浸透したと思います。
わかりやすくて良い記事ですね。1on1を目的によって2つに分ける、その「目的」の含めて100パーセント同意。昨今の風潮として、一発の1on1に多くを求め過ぎているような感があります。ワタシがいつも言うのは「How are you?」を目的としたキャッチアップは短時間・高頻度で、パフォーマンスレビューやキャリアに関する会話はしっかりめ(1時間とか?)に四半期毎とか、なのですが、この記事の分け方も明確で効果的に感じました。

1on1の重要性が唱えられて久しいですが、当然のことながらこれは「流行」では無いですよね。マネジャーにとっては必須事項。できない・やらないに合理的な理由はあまり無いように思っています。
ジョハリの窓、最近よく耳にします。

1on1やコーチングのようなコミュニケーションのパワーは絶大で、うまく活用することで組織のパフォーマンスを著しく拡大できますし、組織崩壊を防げます(一度組織崩壊したグッドパッチの代表土屋さんが、社員全員と1on1をし、相互理解に至ったのは有名)。
とはいえ、コミュニケーションであるからこそ、その上手いやり方を掘り下げる人は少ない。
その意味でも重要な記事だと感じます。
6年近くフルリモートで働いていますが、1on1という制度が広がってとても心救われました。
コロナの少し前からメジャーになってきて、弊社でも今は当たり前のように実施されていますが、半期ごとの目標・評価面談以外に上司と一対一で話をできる機会はとても貴重だと感じます。

リモートだと自分の頑張りはチームに貢献しているのか、自分はまだまだなのではないかと不安になることも多いですが、雑談から気軽に悩みの相談が行えたり、一対一なので発言機会を損なうことなくじっくり話すことができ、短い時間でも毎回満足度は高いです。
ジョハリの窓をベースに考えたことが無かったので思考の整理として参考になりました。また、紹介されていた書籍が気になるので読んでみようと思います。