新着Pick

4人に1人がEV検討 「買い替え・購入したい車」ハイブリットがガソリン車上回る

SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト
加速する電気自動車(EV)シフトの動きが消費者の車選びにも影響を与え始めている。消費者動向のリサーチを手掛けるJ.D.パワージャパン(東京)がまとめたアンケート…
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日、某民放で日本の某自動車会社に密着して、次世代モビリティの開発の現場を特集していました。
中国の今を見る事が出来ましたが、充電ステーションだけでは、インフラがまだ整っていないのと、人口が多いので、充電を供給するステーション自体が足りていない、そこでバッテリーを丸ごと変えるステーションまで既に整っているのは圧巻でした。
日本、正直グローバルスタンダードからやや出遅れていると感じました。中国で開発されているEVの販売価格は50万円からで、個性を反映出来るよう、カスタムショップも充実していて、若い世代の人たちが夢中になってカスタムを楽しんでいました。
守らねばいけない商圏などもあると思いますが、チャレンジしないと置いていかれるようにも見えました。
エコカー推奨の減税政策ですから、この結果は必然だと思いますが。

ところで、アウトドアって結局そこまでの移動ツールとしてじゃないの?
車中泊はわかるけど。
設問の意味がよくわからない。

『また、移動ツール以外の車の利用方法として「興味があるもの」を複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「アウトドア」(トレッキング、デイキャンプ、釣りなど)と「音楽・映画鑑賞」で、ともに28%。次いで「車中泊の旅行」(22%)、「車を利用した電力供給」(13%)、「ぺット連れの旅行」(11%)だった。』
複数回答可というところで、このような結果になるのは納得できるところです。「次に」がいつを刺しているかによって回答は変わってくると思いますが、電気自動車のインフラなど条件が整う可能性が高そうな時期がそれである場合は、EVを検討する人は増えそうです。また、将来的にはガソリン車などよりも安いEVが出てくる可能性もあるとなると将来的にはされに増えそうです。
田舎にいると充電ステーションの問題があるので今すぐEVはまず無理ですね。価格さえ合えば欲しい気持ちはありますが遠出できないです。現実的にはハイブリッドかPHEVがせいぜいだと思います。
車の動力がEVかガソリンエンジンか?の2択で考えるだろうかと少し自問してみましたが、結局維持費でしか比較しないだろうなぁと思いました。

ハイブリッドが売れた理由もそこじゃないでしょうか?
環境にいいからと率先して買っていたのは、レオナルド・ディカプリオのような人達で、多くの人はプリウスがすごく安くなり、燃費がすごくいいからと2代目以降が売れたましたよね?

テスラのモデル3 、スタンダートモデルで専用の超高速充電器なら満充電に30分。
ガソリンなら、一般的に数分で満タン。
EVは400万円から。
ガソリン車は200万円から。
今のところ自分のような毎日車を使う人にメリットがないですね。