新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メリケンSTEM教育現場では、DEIの次の(進化型の)キーワードが social justiceなんですねぇ 加州だけではありません そのうちABETにも明示されるでしょうねぇ

微積分 < 統計の件はついでのハナシで、真の動機はもちろんコレ↓です 政治家の方にとっては潜在的火種ですからねぇ ニホンの方々にはちょっと極端、とお映りになられるかもですが、メリケン社会にとってBLMは、そのくらいの衝撃があった、という事なんですねぇ

「カリフォルニア州の公立学校の数学​特別コース​は、総じて白人とアジア系の生徒が多い。一方、ラテン系や黒人の生徒は顕著に少ない傾向が続いてきた。」

で、こういう改革は教育機会の公正化 (平等化ではありません)が基底にあるため、入り口でのスクリーニングを避ける傾向があります その結果、進捗調査と個々の学生さんの進捗に応じたサポートを、現場で教育を行う先生方に任せる事になります コレはタイヘンな仕事です なので、こうした、政治的に見た目のよい、しかし現場の先生方の負担大幅増につながる改革を行うならば、同時に公立校教員の方々の(大幅)待遇カイゼンもペアでやらないと、(公立校の)先生になろう、と思う若者が更に減るだけだとおもいますねぇ

あ、メリケンのハナシです

あ、“お目覚め文化”ってどういう意味なんですか?
日本のように下に合わせる教育にならなければ、より多くの学生に数学の面白みを伝えていくことは必要

> より多くの生徒たちがよりハイレベルに到達できるように、チャンスの間口を開いてみましょう、ということ
難しい問題ですね。ギフテッドコースが分かれていることで救われる子もいるし、それによって子どもたちの自己認識が無駄に定着してしまったり(自分は数学じゃないなーとか)、熱意のある先生がギフテッドコースに集中してしまったりと、色んなことが実際には起きるのだと思います。
特に小学生ぐらいまでの子どもたちの関心は、本当にちょっとしたことで移り変わります。先生から褒められたとか、友達からすげーって言われたとか、何か分からなかった問題が分かって嬉しかったとか。そして意欲が変われば、得意も変わったりします。本当はまだまだ色んな可能性が開かれている時期に、学校で先生からラベリングされることや、自分で自分をラベリングしてしまうことの効果と破壊力は半端じゃないです。
テクノロジーをうまく使うことで、同じ場にいる子たちがそれぞれの課題に取り組むことはできるようになってきてるので、生活をともにする場は1つ、あとはクラブ活動のような感じでその分野に関心の強い子どうしのコミュニティの中で伸ばせる力をどんどん伸ばしていく、というのが1つの答えになるのかもしれませんね。
こういう形で数学が取り上げられるとは...
これまで出会った中で,「この子の数学的な力は相当ヤバいゾ!」と良い意味で思えた生徒さんで,本当に数学が好きならば,特別な形で学んでほしいとも思うのですが.

それから,習熟度別のクラス編成は個人的には好まないです.
数学的な力はなくても,何か別な才能がある生徒さんが,数学が好きな生徒さんの才能と化学反応が起こることを何度か見ているからです.

例えば,問題演習の解説動画を生徒さん達に制作してもらった際に,動画の脚本書くのがうまい生徒さんと,俳優としての演技力と演技指導ができる生徒さん,動画編集に長けている生徒さんが,素敵な作品を作ってくれた時は,感動でした.
そんな才能の出会いは習熟度別のクラス編成で奪われるのは残念です.
数学やエンジニアリングの専門家にならなくとも、数学的なアプローチが取れるかどうかで仕事の幅や効率性が大きく左右される。
数学的な考え方が苦手で、他のスキルが卓越していたとしても、数学を諦めるという選択がその人の将来的なオプションを大きく狭めることになる。
個人にとってはもちろん、社会にとっても生産性の観点からとても大事な論点だと思う。
本来の習熟度って進み方の違いであって、結局は同じ地点にたどり着くものであるべきと思うんだけど、時間の制限があると差がつくものなのよね。
時間に差があっても、たどり着くべきところにたどり着くかは、モチベーションにも寄るので、まずは数学好きになってもらうことからしないと。社会課題に絡めるのは、興味持たせるにはいいのかもしれない。
めっちゃわかる
特別コース賛成派と反対派の両論併記。
機会は一律、ペースは多様にすると解決できるのでは。