新着Pick
120Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年末に限らず、定期的なフィードバックを回数多く実施しています。コロナ禍でのリモートワークが進んだからこそ、フィードバックの機会を頻繁に実施することが重要です。フィードバックは、ポジティブもネガティブも両方もらうことが、本人のためになるということを良く理解すれば、フィードバックisギフトなのですが、どうしてもネガティブなフィードバックには躊躇することも多いかもしれませんね。
基本的にはまずはポジティブなフィードバックを返す、そしてその上で更に未来のために、こうした方がいいよねということでネガティブな面も一緒に返すといったことができると理想です。最初から腹落ちしないと、改善しようと結びつかないわけですが、強みを認めてもらった上でのネガティブなフィードバックは素直に聞き入れ考えようと思うものです。
フィードバックを年末だからとイベント的に返すだけではなく、日頃からすぐ返せるようになれると良いですね。
この記事にある「コツ」を否定しませんが、そもそも「突然」に厳しいフィードバックになるわけではないですからね。それ以前に日頃のフィードバック機会があるわけで、そこで上司たるワタシ(会社)の期待とアナタの実際にはギャップがありますよ、というコミュニケーションはなされているべき。「評価をサプライズにしない」は鉄則中の鉄則だと思っています。
人材開発の勉強をしていますが、こうした四半期末のフィードバックや1on1はプライバシーの問題もあってブラックボックス化しやすいので難しいですよね。
年末の「恒例行事にしないこと」がまず重要だと思います。フィードバックは主に部下を育成するために必要な方法だと思います。日頃からフィードバックの機会を作り「上司も部下もお互いに改善点を見出し立て直していく」という思いを共有することが、フィードバックのスタートのように感じます。
日頃から、部下との信頼関係を構築しておくこと、それに尽きるのでは?

しっかりとした関係性が構築されていなければ、ここに書かれてているもの、その他のものも含めて、どんなにエレガントなテクニックを使っても意味はないと思います。

信頼関係があれば、厳しい言葉も励みになりますし、なければ、どんな言葉も伝わりません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
相手の立場に立てない一方的な意見の押し付けでは、そもそも信頼関係が構築出来ず、建設的な話にはならないですね
#キャリアコンサルタント