新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
設置規制ということも論点ですが、どのような基準をクリアすれば設置して良いとするかも論点です。例えば認識精度や精度の偏り(女性の方が精度良く認識されるなど)が不安定ならば、誤認逮捕などのより大きな社会問題を起こしかねません。
欧米では複数の都市で顔認識システムが禁止されていますが、差別的な認識制度などがその根本理由であることが多いようです。https://gigazine.net/news/20200629-boston-santa-cruz-ban-facial-recognition/
そもそも「顔認識カメラ」という括りがよく分からない。
「カメラ」と「顔認識」は別個に取り扱えるわけで、録画だけしておいて後で顔認識、ということも出来るのだよね。つまり、録画された映像自体に顔データというものが潜在的に格納されている。
じゃあどうするか。「映像の録画自体の規制」にするか、「顔認識するという行為の規制」にするか、どっちかしかないはず。このあたりがどうなってるのか、ニュースだけじゃいまいちわからない。かなり難しい問題だし、有識者にしっかりルールを決めて貰いたい。
情報技術、特にAIの活用で、これまでできなかったことが可能になり、たとえば、犯罪率を下げることもできそうです。

『JR東日本は、個情委に相談した上で駅構内に設置して刑務所からの出所者らを検知しようとした。

だが「社会的合意が得られていない」として9月に当面の取りやめを発表するなど混乱も生じていた。』

しかし、できるからといってやるべきかは、異なる問題で、人権の在り方を含めてしっかりと意思決定する必要があります。

委員会によるガイドラインの存在は有難いですが、まずは技術の使い手が、倫理観による利活用の方針や基準を持って、事に当たりたいところです。
顔認識と一括りにするのではなく、データ保護に当てはめる場合はデータ取得の問題(Consent)、データ処理の問題(Processing)と大きく分けるだけでも上記の二つに対してそれぞれ解を出す必要があります。加えて欧州ではデータの権利(DSR)の問題がGDPR下で求められるため取得して処理したデータに対する利用者の権利をどこまで認めるのかを具体的にレイヤーを分けて議論する必要があります。(この辺りを総じてアカウンタビリティと呼んでいます)

顔認識技術の採用を考える際に事業者が必ず考えておきたいプライバシーリスクの話
https://note.com/marketingoversea/n/n3c3a3058b057
カメラの設置、顔認識、データ利用はそれぞれ別の論点があるので、まぜこぜにした縛りにならないよう願います。たぶん個情委は間違いませんが。
顔認識は犯罪を防ぐ重要な手段だと思ってます。

たとえば、八王子スーパー女子高校生暗殺事件など、監視カメラが有れば、犯人は絶対捕まっていたと思います。

犯罪者が一度だけで犯罪を終了する事は稀です。犯罪者を野放しにすることほど危険な事はありません。金が使われるところだけ設置すると言う考えはありそうです。
プライバシー権に詳しい憲法学者や弁護士らでつくる有識者会議を設け22日に会合を開いて来夏までにルールの詳細な案を決めるそうです。
「JR東日本は、個情委に相談した上で駅構内に設置して刑務所からの出所者らを検知しようとした。だが「社会的合意が得られていない」として9月に当面の取りやめを発表するなど混乱も生じていた」