新着Pick
564Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
顔合わせる方が新しいアイデアでる、とても賛成!チームでやる仕事でも相談したあとは個人に切り分けられる部分ある。通勤時間や台風もあるし、家でやる時があってもいいとは思う。でも書くより話す方が早いし、誰かと何かするって脳をめちゃくちゃ使う(聞きながら考えて喋る!)。知識も皆>1人。皆でやる効用は、とても高いと思う。
業務内容によるよね、というのはその通りだと思う。でも、どんな仕事でも「ひとりで集中した方が生産性が高い仕事(ex.作りこみ、顧客対応など)」もあれば、誰かと膝をつけ合した方が高い成果を得られる仕事(ex.企画、プロジェクトなど)」もある。
私の考える理想は、週に1-3日くらいは出社してガッツリ打ち合わせやディスカッション、社内交流や意見交換をする。みんなとランチにも行くし、オフィスにいるからこそできることや分かることを目いっぱいやる。で、残りはノマドか在宅で集中する。育児や介護だけでなく、一人暮らしで家事が溜まるという人も、通勤時間などを削減することで効率よく生活を回す。必要に応じてWeb会議やメール、LINEなんかでコミュニケーションはとりつつ、自分のペースでやるべきことを進める。
どうして「在宅勤務」っていうと「=出社しない人」って捉えられるんだろう。仕事の特性やその人のライフスタイルに応じて、うまくバランスさせればいいと思うんだけど。
完全に同意。face-to-faceのやり取りができる。組織の組織たる所以。一人で仕事をするフリーランスは別にして、「ノマド」(これ、わりと空疎なコトバですね)はコミュニケーションの機会費用・機会損失が大きすぎる。ジッサイのところ効率が悪い。
「何かを作ろうとするときにはリアルな場で顔を合わせて進めることが大事」という。会議以外でも同じ場所に居て、雑談するのも大切。チームは、同じ場所で強くなる。
デザインとエンジニアリングの擦り合わせでユーザー体験はまったく変わってくるので、コミュニケーションが大切だというのには同意。問題はそれが毎日必要なのかというところだと思います。
うちは週に3日出社してコミュニケーションを取っています。作業だけに集中するメリットは間違いなくあるので、チームラボがやってるとかヤフーがやってるとかに流されず、組織にあった良いさじ加減を見つけたいですね。
全面的にOK、全面的にNGというデジタルなゼロイチではなく、職種や役割による組み合わせ、だと思う。顔をつきあわせた方がむしろ生産性が高い業務もあるだろうし、逆にノマド・在宅勤務を許すことにより、多様なワークスタイルに対応して優秀な人材を繋ぎ止めておくこともできる。右へ倣えではなく、綿密な計画に則るべき。
チームで仕事を進める場合、Face to Faceの方が生産性が高いのは当然のこと。一方で「在宅勤務」を禁止としてしまうのは息苦しい。育児や介護、地震や台風など何らかの事情で出勤が難しい場合、在宅勤務という選択肢が取れるのはどれほどありがたいことか。
Yahooは在宅勤務があまりに濫用、誤用されていたからそれを修正したものだと思うが、ただ何れにしてもイノベーティブなものを生み出す上でface to faceのリアルな思考のぶつかり合いとコミュニケーションが必要なことは間違いないだろう。
全くもって同意します!
猪子さんの会社のようなサービスだと顔付き合わせてやった方がより良いアイデアが出ると思う。
ただ、そういう案件でそういう人に限るかもしれない。新しい何かをつくりだすという領域だ。

新規の立ち上げとか、世の中の多くの人が携わる領域ではないことは理解してもいいかな、と思う。多くの場合、本人にある程度の裁量与えられれば、ノマド(死語)とか在宅とかできると思う。成果とは別だけど。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.79 兆円

業績