新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オミクロン株の感染力の強さを考えると、また特に欧州、アフリカの一部の国との感染率の違いを考えると水際対策の必要性は理解できますが、100%完全を求めることにそれほどの意味がない状態に近づきつつあると思います。

一方、他で報じられているように、それだけの感染力が強いウイルスを抑えたいにもかかわらず、またすでに市中での感染が始まっていると常識的に予測できるところ、繁華街での自由なふるまいなどよりリスクが高いと考えられる部分が全く野放しにされていることに対するバランスには疑問です。

別記事でオミクロン株の性質に関する情報をまとめています。
「英、オミクロン株で死者 世界で初確認か」(共同通信 2021年12月14日)
https://newspicks.com/news/6455483?ref=user_1310166
日本は最初の山を抑える事には成功したし、国際的に見れば元々慎重なタイプだからそこは変わる事ないだろうし感染症対策ということだけ考えれば良い悪いもないと思うけど…
問題は流行を遅らせる(そもそも未来永劫今の水際対策が出来るわけじゃないからいつかは沢山入ってくる)意味があるとしたら、対策のための時間稼ぎですよね。
1回目は対策には失敗してたと思うので今回は上手くやってほしい。
検査体制、医療体制、ワクチン、薬、もしまた経済止めざるを得ないとなった時にどの程度の対策に対してどんな枠組みの支援をするのか。
やること盛り沢山ですが、感染者数が少ないと余裕こいてた時の二の舞にはなりませんように🙏
この無能総理は「外国人排斥系のコロナ対策は厳しくやるほど支持率上がる」と学習しましたからね。自分が長く総理やることだけが目的の風見鶏なら、こうした発言になるのは必然
いわゆる水際対策ってのは、流行を遅らせる時間稼ぎが目的にある。流行させないためではない。入ってくるものは入ってくる。