新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海洋プラスチックゴミを全て回収するのは現実的に不可能なので、朗報です。しかし分解するといってもおそらく時間がかかるので、ゴミの発生量が多ければ追いつきません。追いつくほど早く分解できてしまえば、グラスファイバーで作られるほとんどの民間船や海洋施設がダメになってしまうのでそれは別の大きな問題になります。やはり地道にゴミの排出量を減らすしかありませんが、世界で最も多くゴミを出しているのはあの中国。2位以下の何倍も海に流しています。中国共産党の恐るべき強制力でプラスチックゴミを海に捨てないようにしたら、少しは中国への見方も変わるかもしれないですが、無理でしょうね。
分解した後どのように活用できるか興味深いです。
”新しい酵素の60%近くが既知の分類に適合しなかったことから、これらの酵素はまだ人に知られていない方法でプラスチックを分解するものと考えられています。”
関連記事一覧
【プラスチックの循環型社会を】化学大手が進める「廃プラスチックの完全資源化」
財界オンライン
8Picks

微生物を活用した最先端のバイオテックソリューションPluton Bioscienceが7.4億円調達
TechCrunch Japan
7Picks

「創造性」は、才能ではなくルールがある 優れたアイデアを生むヒントは「生物の進化」
ログミー
5Picks

米国発の“売らない”店舗「b8ta」  進化を見据えて進める“4つの取り組み”とは
ITmedia ビジネスオンライン
5Picks

現在地中海に漂っているプラスチックごみの量が判明
科学 NA NEWS
3Picks

「進化思考」- 生物の進化から学ぶ、激動の時代を切り拓く創造的発想法~NOSIGNER太刀川英輔
GLOBIS知見録 最新記事
2Picks

「レベルアップはしているけど、それ以上に世界の進化が」 高倉麻子監督、なでしこ敗因語る【東京五輪女子サッカー】
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

プラスチックごみを資源化しシェルターに 山積み廃棄物をリサイクル フィリピン
FNNプライムオンライン
2Picks

中国国有企業、テンセント「微信」の使用を制限
The Wall Street Journal
2Picks

「生物学的な心地良さ」とはなにか…?「進化論」で考えてみた“1つの答え”(朱戸 アオ,佐倉 統)
ブルーバックス | 講談社
2Picks