新着Pick
342Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さすがのグロービス高宮さん。大企業がオープン・イノベーションの考えを取り入れ、新規事業を立ち上げるために最適化している外部と連携するメリットを5つのポイントでまとめている!バイサイドのこうしたニーズを深く理解した(理解?通達?まぁ社長がすごくストレートな方なので、結果として深く知った)上での買収のエコシステム。…増えるような事例になれるといいなあ。
ベンチャーで大企業との提携レバレッジして一気に成長したい、大企業でベンチャーから新しい兆しを取り入れたい、双方のご参考になれば。ベンチャーと大企業の連携がどんどん進み、日本からグローバル企業、サービスが出ればいいな!
守安さんの大人買い。

高宮さんは入門編的に、大企業のベンチャーMAを4+1に、「段階的パターン化」してみて下さったのだが、今回のDeNAの2社MAをみるに、徐々にではなく、いきなり100%買収というパターンである。
これはなかなか出来る事ではない。

50億円というのはほぼ全額暖簾になるはずなので、それを10年で償却すると年間5億円だが、5年なら年間10億円だ。「最低でも」それ以上のアップサイド期待値=来期から、年間5-10億円規模の営業利益をたたき出す事=あるいはそれ以上の戦略的な価値(他社にそれ以上の打撃を加える、別事業をもまかせて100億円単位の利益を生み出してもらう等)を確信しなければ、出来ない。米国だと世界市場に展開出来るのでこのアップサイド期待値が日本の感覚の10倍くらいでるが、日本はいかんせん狭い。世界展開は言うほど容易ではない。

、、とこれが一般的な大企業のバイサイドの「ありがちなロジック」であり感覚なのだが、そうこうしているから中々爆発力のある連携は生まれない。
なので、今回の当事者の方々には、普通の人には見えない、自分にだけ見えている強烈なアップサイド。これがあるのだと思う。なんといってもDeNAは年間500億円以上の利益がありつつも、これを数割成長させないといけない会社、本件だけでも100億円以上の利益は創出する算段があるはずだ。
だから大人買い、が出来る。

※上記はIFRS適用ではない大多数の考え方ですが、DeNAさんはIFRS適用なので毎年の償却ではないのですね。毎年の減損テスト、でした。
オープンイノベーションは医薬品の世界が典型とされてますが、背景としては開発がますます確率論になっていく一方で、一発当てればメガファーマが何年か食っていけるくらいの収益を得られるからで、0→1をアウトソースしているとも言える。一方、アイディアだけではだめで、その後治験をして、MR動かして売って、というのはベンチャーにできないし、やりたくもない人が多い。
言ってみれば、規模や資本が効く付加価値のみに集中するというバリューチェーンの再構成をしてるということ
ネットの世界も同様になっていってるということでしょう
買えるならどんどん買った方がいいに決まってる
オープンイノベーションの推進は、イノベーションのジレンマを打開する方法の1つ。ここで書かれているように、より多くの大企業がそのパワーを認識し取り込むことができたら、日本が世界のイノベーションハブに近づけると思う。
某鉄道会社も、自社百貨店周辺の再開発に伴い、良質なM&Aを考えているとのことで、先日相談を受けたのだけれど… 結局は人が最後決めるときに、その人の脳内の想像でしか判断できないんだと思い知った。
iemoがオープンイノベーションを加速させてくれることに大きな期待をよせて。
創業社長じゃなくてこの意思決定ができるのがすごいですね!
ベンチャー買収に対する大企業の視点をまとめた良記事。
まずはのれん償却のストーリー、事業計画がみたい!さらには取締役会の議事録もw
株式会社ディー・エヌ・エー(英語: DeNA Co., Ltd.、以下DeNA)は、東京都渋谷区に本社を置く日本のインターネット関連企業。モバイルゲーム開発・配信を主業としつつ、SNS運営や電子商取引サービスなどを行う。また、傘下にプロ野球の横浜DeNAベイスターズ、プロバスケットボールの川崎ブレイブサンダースを保有する。 ウィキペディア
時価総額
2,300 億円

業績