新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
CVTはプーリの大きさで減速比が決まってしまうので、減速比幅はスペースの制約で限界があるのが欠点でしょ。

つまりは昨今の多段式ステップATと比べ、CVTは減速比幅を大きく取れない。
なもんで、CVTに2段変速を組み合わせたり。変速機を重ねると効率が落ちる。

従来のステップATは多段化すると効率が落ちていた(要素が増えるとその分クラッチが増えてその引きずり抵抗が増える)が、その辺りが改善されたのが大きい。

因みに今後はデュアルクラッチ式が1番厳しそう。
2軸式で重い。乾式ならまだ重量はなんとかなるが、トルコン式じゃないのでショックを消すのか辛いし、VWのDSGの様に壊れてリコールになったりする。8速以上の多段化もできてない。

ダイレクト感が欲しいスポーツモデルならアリだが。
EVシフトしたらそもそもモーターなので、CVTがいらないという現実。
株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本の自動車などを製造する重工業の会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.62 兆円

業績