新着Pick
214Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
副作用が少ないなら、駄目元で複数人に処方すればいいと思う。それで処方していない人と比較して、有意差を検定するのがセオリーですね。
日本でもこういう実験的投与をもっとできるようにした方がいいと思う。

フランス保健省は米国、カナダの製薬会社が開発したものも含む計3種類の薬の投与を「実験的治療」として認めていた。
皮肉にもアウトブレイクで新薬開発が進むという
エボラ出血熱に効くかどうかはわからないけど、投与すべし!
特例を認めたのがファインプレーですよね(^^)
死亡率の高い病気に実験投与が出来る仕組みを作るべき。リスクは自己判断で良いと思う。それで技術も命も救われるよね。
実験的投与で日本の薬が世界を救う可能性が出てきていることは素晴らしい。副作用の問題もあるが、日本でも、何かあった時、このような柔軟な対応ができればいいと思う。
パンデミックリスクがある感染症対策、副作用の懸念が少ないもの、に関しては、例外的に、試験投薬が認められるよう、あらかじめ法整備しておいたほうがよい、と感じました。
副作用が少ないのも利点とのこと。
水面下ではどうなんでしょうか?