新着Pick
162Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1日を五つに区切った時に書かれているような仕事の生産性が変わるのは納得します。一番出社前の朝の時間が、黄金の自分への投資時間であったりしましたが、リモートワークによりその境界線が難しいですね。
最初にミーティングが朝から始まる前までの時間を、なんとなく仕事の情報に頭をつからせるのではなく、意識して自己研鑽する時間にして工夫しています。
ミーティングもコロナ前は基本的に1時間を一つのコマにセットされていましたが、今考えるとなんて1時間は長いのかしらと思いました。30分がデフォルトでリモート会議は設定されていますが、普通に決まることは決まりますし、場合によっては15分でも十分進められます。時間をかける中には雑談も入りながらコミュニケーションがとれていた良さもありましたが、時間の感覚は自分の中でサイクルとして意識すれば、集中してこなすことができますね。
リモートワークでリラックスの時間と仕事の時間の境界線がなくなっているような気がするのでしっかりと分けていきたいですね
>終業後は、仕事のことは忘れ、リラックスしたり、楽しんだりする時間を確保しましょう。いわゆる「心の栄養補給」です。
1と5まで、こうした記事に書かれるのは「う〜ん、、、」な気持ちです。

時間で区切るのもあり、ですが、仕事の質で区切るのもオススメかも知れません。

大きくて重要な仕事を一日に3つ、その合間に事務的処理的作業をサンドするとアタマも切り替わりやすく意外と良いかも知れません。