新着Pick
253Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今渋谷区で行われている定額乗り合いタクシーの実験運航に参加しているのですが、指定の場所に呼べるというタクシーの便利さと、バスのように運賃が低い、というサービスで、個人的には気に入っています。ただ、どうしても「乗合いだから遠回りしなきゃいけないし、呼んでも時間通りに来ないタクシー」みたいな認識になってしまいます。バスや電車だと遠回りも乗合も当たり前なので、逆をいうと「家の近くまで来てくれるバス」なのですが、姿かたちがタクシーなので「便利なバス」じゃなくて「不便なタクシー」みたいに認識しちゃうのがもったいない。ここらへんをどう訴求していくのかはMaaSを展開するときに非常に重要になりそうだと、利用者視点から感じました。
Maasの着地点はカーフリーなのか?に疑問ありです。

東京や大阪のように公共交通機関が充実しているところならまだしも、広島含む多くの地方都市は車が移動の主役です。
むしろ、マイカー社会からの脱却くらいを目指すところとすれば、定着してきているカーシェアやバイクシェアなどのシェアサービスを軸に、移動手段がグッと広がります。

アプリによる交通手段選択や決済の軸を公共交通機関にすることに無理があるなら、移動手段のマジョリティである車をカーシェアという形で軸に据え、設計した方がうまくいくのでは?と思うんですが…。
MaaSは、日常生活を対象にするのか、旅行を対象にするのかによって、解決すべき課題に差があることです。さらに利用者によっても課題に差があります。

健常者の日常生活では、単にそのエリアの人の行動をスムーズにする交通手段を提供すればいい。ただ、高齢者にとっては日常生活の交通手段がだんだん少なくなっていく。それを解決してあげることが重要。

旅行にMaaSが使えれば便利でしょう。でも、頻度は少ない。MaaS事業者がなかなかマネタイズできないのは利用頻度が低いことではないでしょうか。
パッケージとしてMaaSを提供するためには「異なるサービスを統合する難しさ」があるということですが、日本では数年前までSuicaがかなりいい線までいってたように思います。

QRコード決済が普及する前、日本人は現金が強いと言われているもののSuicaはかなり浸透していました。Suicaは鉄道・地下鉄・バスといった主要交通機関で軒並み使えますし、お店の支払い手段としても広く普及していました。

その意味で、Suicaがもう少し頑張ってQRコード決済に対抗してUberやLuupといった新興のタクシーや電動スクーターサービスにも使えるようになったら、世界に先駆けてSuicaをハブとした「交通版Netflix」が整っていたのかもなと思います。
「移動コストが家賃に含まれる」「自動車のない住宅街」

十分に夢のある話だと思います。まだ学生ですが自動車免許を持っていないし、取る気もあまりないです。こういった世界で住めることが楽しみです!
電車で移動し、その先でシェアバイク、カーシェアで自由に移動できたら夢の様。
MasSも物流と同様、フィジカル・インターネットの概念で考えると、いろいろなボトルネックや、欲しいサービスが見えてきそうですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません