新着Pick
335Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おおお、上限も変えてきますか。特に新築の人はだいぶ控除額が減りますね。

逆ザヤ解消が目的だったはすが、控除額を減らしにかかるのは、結果的に税収を減らす結果になりそうです
残高を4千万円から3千万円に引き下げることの是非はともかく、税額控除が支払利息を上回るがゆえ借りれば借りるほど儲かって、うっかりすると過剰な借り入れを生みかねない現状を是正するという点で、現行金利水準に見合う0.7%への引き下げは妥当なところかと思います。住宅ローン金利より税額控除の率が高いがゆえ無用な借り入れを誘発しかねない1%が改められるなら、過去の借入者との公平性を若干なりとも保つため、4千万円はそのままにして置くのも一つの手じゃないのかな・・・ いずれにしても、景気刺激、建設業者の利益、国民の歓心といったことを念頭においたこうした介入施策は、最初からやらぬに越したことはないような気がします。(^^;
逆ザヤ解消は仕方がないのでしょうが、対象者の所得をコッソリ引き下げているのが気になります。

これまた、所得の多い人達から罰則的税金をとる一連の流れでしょう。
住宅ローン減税控除がローン金利よりも高くなるなんて、変動金利なら10年以上前からそうですけどね。

なぜ今頃?誰が問題視してるの?財務省?

『歴史的な低金利が続く中、税金から差し引かれてもらえる控除額が、支払うローン利息よりも高くなる「逆ざや」と呼ばれる現象が、問題視されていることをふまえたもので、対象者の合計所得金額も、3,000万円以下から、2,000万円以下に引き下げる。』
控除率0.7%で上限が3000万円に改定されても、それよりもまだ金利が低い場合も多く、逆ザヤは縮小したとはいえ解消はしていないですね。
住宅購入は景気対策にとても大きな効果を及ぼすので、逆ザヤのままで良いと思うんですけどね。
この残高上限は家に対してではなく、ローンを組む人に対してですか?
今は、夫婦がそれぞれローンを組むケースも増えていると聞きます。
→自分は父が亡くなった時に2つあったマンションを処分してローンを返済して、一回り小さい今のマンションを買ってチャラなので、住宅減税に縁がない…

あと、いずれにせよ、自分が収める税金以上には還付されないので、タックスプラニングは慎重にした方が良いです。
皆様のコメントにある「逆ざや」
金利が安いため、控除の方が大きくなって、借りたほうが得の状況が生じることを言うんですね。

確かに、負担を減らす、という「苦しみを和らげる」政策としての意味は減っているのかもしれません。

ただ、マイナス金利が金融政策として成り立つのであれば、逆ざや状態も住宅購入を推奨する政策として成り立つのではないかと思います。

むしろもっと逆ざやであることをアピールして、「借りたほうが得ですよ」というPRをする方がよかったのではないかと思います。

とは言え、ローン控除は10年だけなので、控除が終わったら繰り上げ返済を加速しないといけません。
トータルで見ても逆ザヤになる事は、なかなかないのではないかと思います。
10万円分配したら、あとは増税・負担増ですか。
所得据え置き、税金倍増ですね。
参院選で大敗しますよーに。
家余り&空家の問題で、国としては新築戸建をあんまり建てさせたくないのでは?リフォームを考えろ、と。

所得制限引き下げは、ローン控除の趣旨に反する「敢えてフルローン」の存在を問題視したからこうなったのでは?

まぁ、なんだ、既存の戸建って住む気にならないなぁ。躯体性能大丈夫?リフォームしようにも、ねぇ…。