新着Pick

セブン-イレブン、勝ち続けられる理由とは?

東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
454Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
PBに関して差別化が重要。方策としては価格を下げる(いわゆるイメージ通りのPB)と、品質を上げる(セブンが今やろうとしていること)の二つ。どちらも分母か分子で差別化して、Price for Valueを上げる。
アマゾンとセブンの違い、記事(4ページ以降)についてみると、便利・楽か否かという、コンビニの原点がキーのように読めた。最近は返品無料とかあるけど、自分でやるの面倒くさいよね、と。それは昔スーパーに行くより、近くでどんな時間でもやっているところのほうが便利だよね、というところと通じる気がする。そこのValueを上げPriceも上げた(定価販売)がコンビニがやったこと。廉価競争からの差別化。
やっぱりナンバーワンよ
日本戦後経済史に残る巨人の一人。日本人の生活を変えた方。
さすが。「最初から品質や味についてはかなり厳しくチェックしてきた。現在でも、特に来客がなければ役員と一緒に弁当の試食をしている。40年間続けてきたが、小売業をやっていれば当たり前のことだ」
『同業他社の店を見たことはない。僕はマーケットの変化に対応する店を作っているわけで、同業他社との競争ではない。』
師匠、勉強になります!
イトーヨーカドーの業績が奮わず、赤字転落寸前。
スーパー事業が不調で立て直せない理由の方が知りたい。
鈴木さんの考え方は「売る力」という本がわかりやすいです。上品さと手軽さをどう両立させるか?この辺りはセブンが一番ですね。
7&i HDは小売のデータ分析が一番進んでる印象。POSと諸ビッグデータ分析は相性が良い印象
>「既存店の売り上げが落ちるようだったら、もう出店はやめる」

明確な基準の設定も大事なんだろな。
コンビニではローソンとの違いを、スーパーではダイエーやイオンとの違いを。結果的にセブンアンドアイが強い戦略だった。鈴木さんの千里眼と実行力は素晴らしい。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.61 兆円

業績