新着Pick

ゴールドマン、米成長率見通し下方修正-オミクロン株が若干の下押し

Bloomberg
ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストらは米国の今年と来年の成長率見通しを引き下げた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大が米経済に「若干の下押し」圧力をかけると結論付けた。
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「同社エコノミストのジョセフ・ブリッグス氏は週末の顧客向けリポートで、ゴールドマンが現在想定する今年の米国内総生産(GDP)成長率を3.8%とし、従来予想の4.2%から引き下げたと説明。来年についても2.9%と、3.3%から下方修正した。」
米国経済に対するオミクロンの影響はやはり出てきそうですね。オミクロン株の感染力はデルタ株より強い恐れがあるとのことですが、軽症や無症状で済む傾向も指摘されています。
【オミクロン株、軽症傾向も 接種後感染、報告相次ぐ―新型コロナ】
https://newspicks.com/news/6420671
ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
12.9 兆円

業績