新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国とロシアの外相会談ですが、具体的な成果といえるものは公表されていません。
 事がロシアのウクライナ侵攻の可能性、だけに、表に出せないやりとりはしているのでしょうが。
 ロシアはまだウクライナに侵攻したわけではないし、これからすると明言している訳でもないので、米国も「もしやったら代償を払うことになる」くらいしか言えません。
 もし侵攻したらNATOが軍事介入する、といった事前警告もできないでしょう。実際のところ、米国やヨーロッパ諸国にそこまでやる覚悟は無いでしょうし。
アメリカのバイデン政権が4月にロシアに対して経済制裁したときは、大統領選挙への介入とサイバー攻撃が理由だった。ロシアがウクライナに侵攻すればさらに大がかりな制裁になることは確実。経済制裁による打撃に苦しんできたプーチン政権にとり侵攻の経済的代償は大きいけれど、それでも軍事オプションを使うことを検討する人がプーチン大統領。