新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政府関係者は「総理の思いが強く出た人事だ」と話しています。また、ある閣僚経験者への取材では「失業者の救済と捉えられかねない」と懸念する声も上がっています。 国交大臣経験者ですが、道路公団民営化話の時期だった印象が強く、観光のイメージはあまりありません。ポスト・コロナを見据えた観光戦略、石原氏がどんな助言をするのか注視しておきたいです。
日本的な温情を感じる人事ですが、政権のリスクになる可能性もあります。第一次安倍政権は「お友達内閣」の弱さが次々と露呈し、短命になりました。国民が身内の仕事を世話する様子をどう見るか、このことを肝に銘じなければいけません。
同じ派閥でアベノミクスの指南役であった山本幸三さんの参与就任を期待します。
先の衆院選で落選していた石原元幹事長を参与に起用、寺田議員は「首相と同様に広島が地盤で、宏池会創設者の池田勇人元首相は義理の祖父」にあたる方です。
こんな救済人事いらない。
総裁選で協力してもらったからでしょうか。

こんな前例を作るといずれ内閣参与という謎の恒例の救済窓際ポストが常設化されるのでは。

石原さん本人も恥ずかしくないのかね?
重要なのは石原氏に参与としての適正があるかどうか。選挙での落選は政治家として相応しくないとの民意であり、参与として必要な知識や経験を有しているかとは無関係。