新着Pick
844Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともと市場の原理では需要と供給の二つにより価格が決定されていく、とされていく理論からすると、通常の「人間」が転売することができる時間と労力は限られているため、ごくわずかな希少品を除けば、転売ヤーが確保できるモノの量というのは限られ、市場価格に対して影響を及ぼすまで至りませんでした。botが普及してしまったことにより、実質的な構造がメーカー→小売店→転売ヤー→消費者という形になり、しかも転売ヤーにより不当に市場価格が釣り上げられるため、市場の原理が狂ってしまうという、本当に転売ヤーにしかうまみがない状況ですね。小売店側による規制が何よりも重要で、ただアプローチを間違えてしまうと一般消費者にも使いづらさを感じさせてしまうため、すごく難しいテーマだと思いました。
いつの時代も跳梁跋扈する、「モノ不足で稼ぐやつら」...

しかもです。もはや人間の所業ではありません。
高速取引化していたり、ハッカーをホワイトハッカーとして採用する様な状況であったりと、買い占めテックも使い方次第で仏様といった、異次元へと突入しつつあります汗

ここで解決策のヒントがあります。それが「東京マラソン」。
その抽選倍率は10倍超と、プレミアム感から、一時は替え玉受験ならぬ「替え玉出走」が横行していました。
これは、当選してゲットした参加権(自宅に送られてくるゼッケンなど)を高額転売し、走りたい人がそのゼッケンで付けて走ることです(替え玉受験と違い、バレにくい)。

ここで一定の効力を発揮したのが、参加費に10万円を上乗せすることで、抽選を回避して参加権を得られる「チャリティ枠」。5万円のゲーム機なら、15万円出して優先的に買うようなものです。

ちなみに追加で払った10万円はチャリティに使われます。なので、「欲しけりゃ10万出しな」と挑発してくる転売ヤーの懐にお金が入む「やるせなさ」はありません。
しかも、確定申告の際に寄付金控除を得られるとのことです。
例えば、ソニーあたりはもう少しハードをプレイヤーの元に届けられる仕組みを作ってほしいとはずっと思っている。PSNでせっかくヘビーユーザーは分かっているのだから、このヘビーユーザーがハードを買えないでは、ソニーにとっては損失でしかない。
 つまり、ハードの費用回収だけでは不十分でソニーはPSNやPS Storeを通じてソフトやサービスを買ってもらえないと、ハードウェアの販売分しか売上や利益を得られないことになってしまう。
もちろん、小売からすれば怨嗟の声も出てくるだろうし、誰もがPS Storeやソニーの小売サイトで買えるわけではないだろうが。
アーティストのライブによく行くので、チケット関連の高額転売に怒りを覚えたことは多々ありました(チケットだけでなくてグッズについてもですね)。

でも、これって何が悪いのでしょう?

と思うこともあります。転売ヤーの1番の言い分は「安く買って高く売るのがビジネスの基本」的なことだと思います。

それへの返しとして、「実際に届いて欲しい人たち(本当にライブに行きたい人、ゲームをしたい人)に届かなくなる」と考えたこともあったのですが、いくらお金払ってでも欲しい人達にとっては抽選よりも「お金をたくさん払う」という手の方がありがたいのでは?とさえ思うのです…これはこの資本主義社会ではどうしようもないのかとさえ思います…

貧乏学生にはつらいですが…
「お願いです。高く買わないでください」と書かれた、獺祭の広告を思い出しました。ふだんの食卓に並ぶ物でありたい、という旭酒造の意思表示だったと記憶してます。
元値を上げれば転売ヤーは減るのかもですが、できるだけ低い値で売って、多くの人に手の届く商品にしたいという売り手の意思は、尊重されるべきと思います。

転売禁止の規約(あれば、ですが)に違反しているのだから、詐欺罪とかにならないのかな。
こういうのって、デジタルで対応できないのだろうか?

リアルの時代から、流通チャネルをどれだけ握れるかは一つの競争力。値引きされるものとされないものがあるのは、値引きしたら卸さないといったポリシーと、値引きしなくても売れるだけの魅力があるから。
本件は値上げについてだし、転売について。でも、デジタルになっている世界なので、各マシンのシリアルコードを認定販売店が販売時に登録をして、そのときにワンタイムのコードをユーザーと照合するといった形をとれば、転売などはしにくくなると思う(不可能、ではないが)。

適正な価格と適正な量で社会に流通をさせていくことは、メーカーの事業そのものだし社会的意義でもあると思う。こういうデジタルな仕組みにソニーとか是非取り組んでほしい。
もともとの商品の値段がそれなりなら、転売ヤーは来ませんよ。
「市場(=2次流通)に任せればいい」とならないのが、価格形成のおもしろいところです。PS5の定価を上げれば解決するわけではありません。

たとえばコロナ前には、一部のホテルが、空室率に応じて価格をつり上げたところ、大バッシングを受けました。価格に見合わないサービスを享受すると、ブランドへのロイヤリティーが毀損します。ダイナミックプライシングは効率的な仕組みですが、買い手である人間はその価格に対して納得感を得られないわけです。人間の認識の限界といってもいいかもしれません。

「損をした!」という気持ちはずっと残るわけです。だからこそ、転売ヤーに激怒する人たちが絶えないのですよね。人間の感情というのは、本当にややこしいですし、だからこそ市場取引というのは奥深いなと思います。
ほんとモヤッとしてしまう話題ですよね。
そもそも「簡単に転売できてしまう環境」が大きく発達したことが、ここまでの転売の過熱を助長しているのかなと思っています。

転売しても旨味を得られない状況になれば、自然と減っていくのでは?と考え、例えば主要プラットフォームがメーカーと協力し、「メーカーより申し出のあった新製品は、正規ルートで販売中に限り、定価以上で出品できない」というルールにしてしまえば、メインの販売ルートを失うことで、そもそもの仕入れる動機がなくなるのかなぁと。

…ただ、転売マーケットに魅せられた新たなプラットフォーマーが現れて、第二第三の転売サービスが横行しちゃうと元も子もないんだろうなぁと思えてしまったり。

突き詰めると企業の倫理観を高めて、社会全体で転売ヤーの入口に加えて、出口も改善していく取り組みが必要ですね。

子供にオモチャが届かないのは本当に悲しい。
メーカーの開発者もやるせないでしょう。
PS 5とかであれば、
別途、本人確認した支払いしでしか買えない。
購入可能なのは1台のみ。
製造番号と購入アカウントの紐づけ。
二次流通に出品するときは、製造番号の表示を義務付け。
ログインアカウントと店舗購入時のアカウントの紐づけ。(二次流通品はログイン不可)
起動時はログイン求められる。

など。
物凄くがんじがらめにするくらいしないと、対策は難しいのかな。
この連載について
クルマ、半導体、木材、食肉、さらには電力...世界は今、あらゆるモノの不足に揺れている。かつてのモノ余り社会からの大転換が訪れようとしている。そこで、来るべきモノ不足経済の全貌に迫る。
時価総額
44.9 兆円

業績

ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
26.4 兆円

業績