新着Pick
441Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Apeel凄いですよね。5年程前から、S2G Venturesと言うフードテック特化VCが出資して以来見てきています。

Apeel社の成功を以って、今では類似スタートアップが世界中にあり、ピッチをお伺いすることも増えています。

日本においては、生鮮食品のサプライチェーンは、非効率性はあるものの「綺麗」を重視した形でとても整ってはいるので、既に色々な技術や工夫がなされています。コールドチェーン・冷蔵技術も充実し、エチレンガス分解技術などもあり、ちょっとした形で果物や野菜の一部分を切ったり加工したりして長持ちさせるノウハウも多く、何より、フィルムなども使われてきていましたし。

なので、日本では、ESG観点では、見た目として少しばかり傷ついたものも消費するようなマインドの普及も重要かな、と思います。
CEOとは数年前に会話をしていました。理論上は様々な果物や野菜で専用液を作れるが、ニーズと単価でアボカドや柑橘類にフォーカスしているとのこと。日本の小売の方とお話しすると、日本では葉物野菜の品質保持期限を伸ばすニーズが非常に強いそうです。葉物野菜だと、専用液の付け方が変わってくるので、対応品種を増やすのにはオペレーションも合わせて対応する必要があります。
世界的にバナナやアボカドは消費量に対しての廃棄量が多い。バナナは世界で最も捨てられ、アボカドも例えば今爆発的に流通が伸びる欧州市場では年間流通量の1/3は捨てられていると言われるくらい。人体に対して害のない日持ち向上剤の開発は大事でしょうね。

ただ、同時に賞味期間が伸びて喜ぶのは廃棄リスクが減る販売者と消費者であり、生産者的な立場では売上を支えているのが回転率の高さ、つまり果物の足の早さである場合もある。捨てられるから、次の注文が来る。賞味期限が伸びて、売れ行きが伸びなければ、結果的に生産者は減収減益。だから、生果に関わる人の中には心底では複雑な人も多いだろうね。流通側にとっては廃棄リスクが減るわけだから、その分掛け率を上げて生産者の収益性を補填してあげるくらいの、生産者への強力も必要なのではないかなと思います。

ちなみに、アボカドのおいしさと追熟は基本的にはあまり大きな関連がありませんので笑。追熟で変わるのは食味、つまり硬さであって、根本的な味の決定要素である成分は摘み取る前の段階でしか増えません。不味いアボカドにApeelを使っても、不味いまま日持ちするだけだ、ということだけ最後に付け加えておきます。
日本の一人当たり食品ロスは世界第6位。大きな原因は、まだ食べられるけど、賞味期限が切れて廃棄されてしまうこと。この技術が日本でも導入されると、賞味期限が伸びるので、食品ロスが大幅に減らせそうですね。
今回の終わり、Yooheeがバケーションに行っちゃいました。
そして、アボカドの中から現れた謎のシルエット…
見逃せない展開になってきた。
Apeelしばらくお付き合いさせていただいています。少しづつ有名になってきました。ラボテストレベルでの結果と店舗での大規模展開では噴霧の結果のバラつきがあり、実際のオペレーション現場で均質な噴霧を実現することに苦戦しているようでPOCからの拡大には難航しているようです。このようなビジネスはPOCからのスケールができるかどうかが勝負になると思います。
素晴らしいアイデアと思うのでぜひ頑張ってもらいたいです。
Apeelの名前は良く聞きますし、同級生も就職してましたが、元々はカリフォルニア大学関連のプログラムや施設での研究から生まれたようです。こちらでのフードテック系の盛り上がりは感じますが、こういうスタートアップは、該当領域の強い大学近辺から出るケースが多そうです。

https://www.universityofcalifornia.edu/news/made-california
果物や野菜だけでなく、肉や調理済みの食品などにも応用できるといいですね。賞味期限、消費期限を延ばすことができます。

果物や野菜の追熟はどうなるのか、食べ頃を見極めるのがこれまでの感覚とは違ってくるのでしょうね。
おおこれは面白いアイデア。
何の成分か気になってしまう職業病なのでメーカーHPを一応見てみたところ、FAQに以下のような記載が。

https://www.apeel.com/faqs
>What Is Apeel Made Of?
Apeel is made of plant-derived materials —lipids and glycerolipids —that exist in the peels, seeds, and pulp of all the fruits and vegetables we already eat.

とのことで、成分的には脂質、グリセロ脂質の類みたいですね。
脂肪鎖の疎水性で水分の透過を防ぐ感じでしょうか。これだけで酸素まで完全に止めるのは難しそうに思えますが、気孔を多少なりとも塞ぐ効果はあるのかもしれませんね。

果物の種類によっては変に密封するとエチレン(熟成を促進する気体成分:植物内からも発生します、バナナとか)が充満して追熟してしまうものもあるので、別のアプローチが必要な果物というのはそういう類かな。
などと想像しつつ見ました。
材料探索は面白そうですね。食べても大丈夫なものとなると、かなり制限されてしまいますが。(食べちゃダメな成分で良ければいくらでもあるのですが笑)

廃棄減につながるよう頑張ってください🐦🥑
いつも思うのが、賞味期限を長くした結果何がよくなるようになるか、という点。仮にこれがワークすると廃棄される分が売れなくなるので、生産地で廃棄されるだけじゃないの?と。

本質的に経済合理性の下での購買力を背景にした需要と供給の地域間でのアンバランスが問題なので、供給過多の市場の中で閉じている限り根本解決にならないと思うんですよね。食べられるのに捨てるのモッタイナイ!という倫理的な観点でしかない。でも目の前で捨てるのか、見えないところで捨てられるのかの違い。

今後人口増加に伴い、今供給過多の市場も食料の奪い合いになるでしょ、というのはあると思うけど、でもやはり順番としては購買力の低い国から買い負けますよね。

賞味期限を伸ばして、廃棄を勘案した単位耕作地当たりの収益を上げることが出来れば、結果的に自然破壊の大きな要因の一つである耕作地の拡大を抑制出来るかもしれませんね。