新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタートアップを含め、雇用創出は企業の重要な役割の一つであり美徳と目されている節がありますが、これだけ人手が足りない昨今だと、果たして本当にそうなのかと思わないでもありません。
むしろ貴重な社会のリソースを過剰に囲い込むことは社会悪なんじゃないでしょうか。

スタートアップはどこも人手不足で採用が大変ですが、これから生産年齢人口が減ることを思うと、少人数で高品質なサービス提供こそが美徳なんじゃないかと思う次第です。

一時期、「AIに雇用が奪われる」という言説がさかんに唱えられましたが、そんなことを懸念できるほど人的余裕のある労働環境ってあるのでしょうか?
むしろ機械にどんどん仕事を担ってもらわないとたち行かなくなります。
非常に厳しい数字を目の当たりにしました。お金を生み出すチカラがどんどん弱まっています。人口減少ペース以上に深刻ですね。民力は国力そのものです。
生産性改善やジョブシフト、外国人や女性を中心とした戦力の活用は待ったなしです。

国も道路やハコモノばかりにお金を使っていると、大変なことになります。技術立国への鍛錬が欠かせません。
生産人口の年齢は、DX化により変えていく必要があると思います。
DXへの追い風です。
更に今から20年で20%減る予測がある中で、デジタルによって企業の姿は大きく変わらなければなりません。日本企業はこのような状況をまだまだ楽観視しているように見えますけどね。
64歳が生産人口の上限としているところが遅れている。

最近の高齢者は70歳過ぎてもゲンキだよ。