新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
教育費を投資信託で運用する際の注意です。長期投資ができる期間があれば、資金の一部を運用するのは良いと思います。その際は非課税口座のジュニアNISAを活用するといいですね。
「投資信託の積み立てについては、預貯金のように、「いつ、どれだけ貯まるか」が確定していない点に注意が必要です。
いざお金が必要になったときに、相場が下がっていると、大きく元本割れする可能性もあります。その際に、預貯金などがないと、損をしたまま売却することになってしまいます。
そのため、10年程度の長期投資ができる期間があり(子どもが小学生になる前くらい)、他に預貯金などでも教育費を準備している場合に限っては、投資信託の積み立てで準備していってもいいのではと思います(ただし、繰り返しになりますが、投資ですので、減る場合があることを頭に入れておいてください)。」
養育費、しっかりと貯めていきたい気持ちはありますが、専用の銀行口座を開設して計画的にいかないとなかなか困難なものです。あとは貯めることばかりに集中するのではなく、収入を増やす方に注力したい
#キャリアコンサルタント
参考になります