新着Pick
451Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビジネスは本来アートとサイエンスから成り立つものだと思います。ただ、自戒の念を込めんていえば、サイエンスの部分は教えやすいですが、アートの部分はそうでない。結果としてビジネス(スクール)=分析、ロジックのみ、という認識になってしまったのではと思います。「論理的な思考のみだけだと全てを言語化しようとする。そうすると物事の本質が見えなくなってしまいます」という意見には個人的には反対で、手あかのついたはやり言葉で言語化しようとするからそうなるだけのことだと考えています。ビジョンとか理念とかを本当に伝えようとすれば、アーティストと同じくらい訓練し、悩むべきなのではないでしょうか。
アート&ロジックの講習に参加しました。私自身、幼稚園児並みの画力でしたが、絵を描く技術を教えてもらったことにより、自画像を描けるレベルになりました。その後気が付いたのは、自分が理系の人間でなく、感性の人間だということ。自分のことがより理解できたことで、仕事の幅も広がりました。
「0→1はアートシンキングが良い」「アートシンキングは、社会ではなく自分起点の独自な問いから始めること」「アーティストと起業家は似ている!」そんな話をよく耳にします。

しかし、アートシンキングを教えるのではなく、一緒に何かを作る、というところの楽しみと苦しみまで感じることが大事だよなあとよく思います。アートシンキングが「頭の中だけで」完結してしまうなら、それはお利口な「流行りのシンキング」の1つに過ぎません。

自分だけの未来の感覚=ビジョンを、仲間と社会に手触りを持って伝わるものにできる力が養われるといいですよね。
スマホで写メができるようになったことで言語も描画も人類は退化方向に向かうのかも、と思っていました。
写メがない頃は自分が見たものを誰かに伝えるためにはいろんな言葉や、時にイラストを描いて伝える必要がありましたが、今はその必要がないので。
しかし、考えてみれば一方で、SNSで短文を発信したり写真にキャッチーな言葉を添えるなどのかつてはなかった言語習慣ができているとか
うちの子らを見ていると、スマホ画像を拡大してレイアーを重ねてなぞることで写実的な絵を素早くタブレット上に描いたりしていて
かつてとは異なる言語、非言語コミュニケーションの方法を身につけているのかもしれないと思うようになりました。
SNSによって少なくとも発信者、発言者は増えているのは間違いないでしょう。

ただその分、ほとんどの発信、発言はジャンクなものとしてスルーされていくでしょうし
検索すれば元ネタがバレるので、コピペで自分を飾り立てても尊敬はされません。
そうなってくると、独自の観察眼で一次情報に触れて、それを単に写実的に表現するのではなく
抽象化させたメッセージとして他者に伝えることができるということが頭一つ抜ける要件となります。

アートの世界からそうした圧倒的なオリジナル性の洗礼を受けることは、
「もっと私の話を聞いてほしい、もっと注目してほしい」という欲の強い私のような人間にとって
必要なことのように思います。私自身は映画を見ることで自分にいつもダメ出ししていますが。
ビジネスでは常に問題や課題に直面します。それを解決するには、記憶だけではむずかしい。クリエイティブが必要になります。

絵を描くことも大切ですが、美術鑑賞はとても効果がある。インプットが多いほど、良質なアウトプットを生み出せます。

この週末は美術館めぐりにしましょう。
【数学と美術】
右脳と左脳、ロジックと想像力、言語と非言語、良い思考をするのには2つが必要だと言う事ですかね。

流行りの「ロジカルシンキング」だけではクリエイティブさに欠ける。新しいものを生み出すための型にハマらない想像力が重要で、それを鍛える最たるものが芸術だと
ロジックとアート、両方のスキルを持つことはかなり重要だと感じます。
私自身、ロジック寄りの考え方や解決法が得意であったのですが、アート(正確には感性)が強めのコーチングスキルを取得してから、課題へのアプローチがかなり広がりました。
どちらかだけのスキルではなく、どちらも行き来し使いこなすと、より世界の解像度が高くなる印象です。
おもしろい。増村さんの本、読んでみよう
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。